Edited at

Google Cloud Platform(GCP) へローカル端末からssh接続できない


■Google Cloud Platform (GCP)とは

グーグルの作ったクラウドサービス

今までAWSしか使ってこなかったけど、どうやらGCPは安いらしい

天下のGoogle様だしSLAとかセキュリティとかユーザビリティも大丈夫だろうってことで使用


■目的

GCPへローカル端末からteratermで接続したい


■前提

ざっくり以下の流れ

1:Googleアカウント作成

2:GCP登録(クレジットカード登録)

3:プロジェクト作成

4:Google Compute Engine(GCE) インスタンス作成

 最安で作成するため以下の構成

項目
内容

OS
CentOS7

Zone
us-east1-b

マシンタイプ
f1-micro(vCPU x 1、メモリ 0.6 GB)

出来上がったインスタンスに対して「SSH接続」→「ブラウザウィンドウで開く」は問題なく開く


★本題

以下の通りローカル端末からSSH接続を行おうとすると、ドキュメントに飛ばさせる

「SSH接続」→「別のSSHクライアントを使用」

サードパーティ製ツールを使用して接続する

接続の方法はいくつかあるようだけど、だいたいこんな感じかと

1:SSH鍵生成

 ・teratermや、PuTTYGen などで公開鍵/秘密鍵生成

  ※公開鍵末尾のコメント部にユーザ名を設定

2:SSH鍵登録

 以下のどれか

 ・1プロジェクト全体に鍵登録(今回はこれ★)

   [メニュー]→[Compute Engine]→[メタデータ]

   [SSH認証鍵]タブ→[編集]ボタン→[項目追加]ボタン→[公開鍵]入力※→[保存]ボタン

    ※ユーザ名が表示される

 ・2インスタンス個別に鍵登録

   [メニュー]→[Compute Engine]→[VMインスタンス]

   [対象インスタンス詳細]リンク→[編集]ボタン

   [SSHキーが0個あります][表示して編集する]リンク→[公開鍵]入力※→[保存]ボタン

    ※ユーザ名が表示される

 ・3IAM管理で登録

  →めんどくさそうなので調べず

3:接続IP確認

 ・必要あればIP固定化

4:ローカル端末から接続

  →出来ない。。。

image.png

なぜ認証失敗。。。

鍵を作り直したり、インスタンス作り直したり試行錯誤を行うこと2時間

判明した原因は、公開鍵保存出来てない(っぽい)


詳細

公開鍵登録時に以下の保存ボタンを押下

 ※このときはプロジェクト全体のメタデータ登録

image.png

すると以下のメッセージが表示

image.png

★ここで安心して別操作を行ってしまったのが原因っぽい

2,3秒すると以下のメッセージ表示

image.png

これで完了


■結論

全体的に[保存しました]が出るまで別操作はしないほうが良さそう

慌てるな


さいご

・メタデータ登録しておけば、自動でOSに対してユーザ登録してくれるのは素晴らしい。

・GCP安い。最安環境つかっているとはいえ、2日で3円くらい。3万円クレジットもあるし。

・ただ、アメリカリージョンはさすがに遅い。

・Qiita初めて投稿するが、もう少しMarkdown勉強しよう。