Edited at

haskell-ide-engine導入

vscode と haskell-ide-engine で Haskell 開発環境を構築する

こちらを参考にvscode+haskell-ide-engine環境を導入するメモ。


環境


  • OSX Mojave


導入手順


vscode拡張

Haskell Language Server 拡張をインストールするだけ。


haskell-ide-enine

git clone https://github.com/haskell/haskell-ide-engine --recursive

cd haskell-ide-engine
./install.hs build-all

cloneする際の --recursive は必須なので注意。

./install.hs build-all を叩くと、

Installing GHC ...                                                                 

Received ExitFailure 2 when running
Raw command: /usr/bin/make install

このようにエラーで落ちたが、下記の記事が参考になった。

GHC 8.6 がインストールできなかった

brew reinstall gmp

./install.hs build-all

gmpをインストールしてから再度実施すると解決できた。

./install.hs のビルド時間は結構長い。

Build completed in 1h18m

1時間以上かかった。

まあ気長に待つと良い。


フォーマッター

Haskellを書くときはstylish-haskellとhlintを使って労せずして綺麗なコードを書きましょう

を参考。

stack install stylish-haskell

stack install hlint

vscodeも


  • stylish-haskell

  • hlint

の拡張がそれぞれ存在するのでインストール。


Ubuntu 18

別のUbuntu18のマシンにも入れようとした所、下記エラーが発生。

エラー: -ltinfo が見つかりません

Link error: “Cannot find -ltinfo” on Ubuntu 12.04 on a 32-bit arm processor

こちらに従って libtinfo-dev をインストール。

sudo apt install libtinfo-dev 

再試行すると解決。