Help us understand the problem. What is going on with this article?

EvilでのJコマンド

More than 5 years have passed since last update.

Evilで日本語の文章を書いていると、Jコマンドで行を連結したときに、スペースが入ってしまうのが、ちょっと面倒です。英語とかソースコードを書いているときには便利なのですが...。

evil-join-whitespaceというぴったりな関数が定義されていたので、それをJコマンドに割り当てるだけでした。

(define-key evil-normal-state-map "J" 'evil-join-whitespace)

従来のJコマンド(evil-join)は,jに割り当てました。

(require 'evil-leader)
(global-evil-leader-mode)
(evil-leader/set-leader ",")
(evil-leader/set-key
   "F" 'helm-for-files
   "f" 'helm-find-files
   "r" 'helm-recentf
   "b" 'helm-buffers-list
   "x" 'helm-M-x
   "e" 'eval-last-sexp
   "m" 'eval-minibuffer
   "d" 'eval-defun
   "B" 'byte-compile-file
   "j" 'evil-join
   "k" 'kill-buffer)

ソースコードを主体に書いているときは,jevil-join-whitespaceを割り当てるだけでもいいかもしれませんね。

追記:
gJevil-join-whitespaceが呼べるようです。無理にキーを定義し直さないでもいいようですね。でも日本語を主体に書いているときはevil-join-whitespaceを多用するので、そこは頻度に応じて決めればいいのだと思います。

Evilはvimのヘルプを参照するといろいろな発見がありますね。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away