Help us understand the problem. What is going on with this article?

wercker の新機能 Wercker Workflows を試す

More than 3 years have passed since last update.

プライベートリポジトリの CI 無料でお馴染みの wercker が、先日ワークフロー機能 Wercker Workflows をリリースしました。

とりあえず、以下の公式デモ動画を観れば何ができるのかわかると思います。

ブログ記事 :point_right: Introducing Wercker Workflows
デモ動画 :point_right: Wercker Workflows - YouTube

Wercker Workflows とは

いわゆるワークフロー機能というやつで、1つの CI プロセスを複数のパイプラインに分割して組み合わせる機能です。Jenkins とか、最近だと Concourse CI でお馴染みの機能です。

パイプラインは従来の build, deploy に相当するもので、1つの CI プロセス内におけるタスクの分割単位となります。従来は build, deploy の2つしか記述できなかったところ、testpush-dev のように複数種類のパイプラインを記述できるようになったのが今回の Workflows です。

以下の例では、Build, Tests, Push to registry, Notify Scheduler の4つのパイプラインを直列に実行しています。これだけだと従来の wercker とあまり変わりません。

image

image from: http://wercker.com/workflows/

Workflows では、複数のパイプラインを並列に実行することができます。以下の例は、ビルド後に開発用 (dev) イメージの push & deploy と本番用 (release) イメージの push & deploy を並列に実行しています。

image

image from: http://wercker.com/workflows/

それぞれのタスクは、個別に abort & restart することが可能です。例えば build -> test1 -> test2 の CI プロセスが組まれている場合、従来だと test2 だけやり直したい時も最初の build から restart させる必要がありました。Workflows では、以下のように test2 だけやり直すことが可能となります。

image

image from: http://wercker.com/workflows/

この Workflows、プライベートリポジトリに対しても無料で使うことができます。相変わらず太っ腹ですね…

Workflows を使ってみよう

実際に Rails アプリの CI を Wercker Workflows を使って実行してみましょう。

今回のチュートリアルに用いるサンプルリポジトリです: https://github.com/dtan4/rails-wercker-workflows
wercker ページです: https://app.wercker.com/#applications/57397bbed99505465708deb7 wercker status

wercker.yml

いきなりですが、wercker.yml は以下のようになります。

box:
  id: quay.io/dtan4/rails-test-base
  tag: latest
  registry: quay.io

services:
  - postgres:9.4

build:
  steps:
    - bundle-install

rspec-models:
  steps:
    - bundle-install
    - script:
        name: Set POSTGRES_USER
        code: export POSTGRES_USER=postgres
    - script:
        name: Prepare database
        code: bundle exec rake db:test:prepare
    - script:
        name: Run RSpec
        code: bundle exec rspec spec/models

rspec-controllers:
  steps:
    - bundle-install
    - script:
        name: Set POSTGRES_USER
        code: export POSTGRES_USER=postgres
    - script:
        name: Prepare database
        code: bundle exec rake db:test:prepare
    - script:
        name: Run RSpec
        code: bundle exec rspec spec/controllers

rspec-features:
  steps:
    - bundle-install
    - script:
        name: Set POSTGRES_USER
        code: export POSTGRES_USER=postgres
    - script:
        name: Prepare database
        code: bundle exec rake db:test:prepare
    - script:
        name: Run RSpec
        code: bundle exec rspec spec/features

ベースの Docker image として、quay.io/dtan4/rails-test-base:latest を使っています。このイメージは公式の ruby:2.3.0 イメージを元に Node.js や PhantomJS をインストールしたものです。Dockerfile はリポジトリルートに置いてあるやつです: https://github.com/dtan4/rails-wercker-workflows/blob/master/Dockerfile。
ベースイメージを ruby:2.3.0 にして都度 apt-get install するようにしてもよいのですが、apt-get install の結果はキャッシュされず毎回走ることになるので、時間短縮のためにキャッシュの効く Docker image に前もって含めるようにしています。

データベースは PostgreSQL を使うので、servicespostgres:9.4 を指定して PostgreSQL 9.4 のコンテナを立ち上げるようにしています。Elasticsearch とか Redis も必要であれば指定できます。
services のコンテナは各パイプラインにつきそれぞれ1個ずつ立ち上がるので、パイプライン間でデータベースアクセスの競合が起こるようなことはありません。便利。

この wercker.yml では、以下の4つのパイプラインを定義しています。

  • build: GitHub push を受けて最初に実行されるパイプライン
  • rspec-models: spec/models のテスト
  • rspec-controllers: spec/controllers のテスト
  • rspec-features: spec/features のテスト

:warning: 注意したいのは、テストのパイプラインそれぞれが bundle install を実行している点です。最初の build パイプラインで bundle install を実行し、その結果をテストのパイプラインで利用すればいいと思われるかもしれません。しかし、どうやらキャッシュディレクトリである WERCKER_CACHE_DIR は各パイプラインで独立に設定されているらしく、テストのパイプラインで build パイプラインの結果を利用することができませんでした。
なので、初期化処理の類は各パイプラインでそれぞれ実行する必要があります。おそらく、git clone したコードベース上で各パイプラインの Docker コンテナが走っているだけなんだと思います。

上の例だと build のあとに push が走っているので、別にパイプライン間共有のディレクトリがあるんだと思いますが…

wercker の設定

まずアカウントを取得し、https://app.wercker.com/#applications/create からリポジトリを登録します。

次に、アプリの画面で "Manage Workflows" をクリックし
image

ワークフローの登録と連携を行うページに飛びます。Pipelines には、デフォルトで GitHub/Bitbucket push がトリガーとなる build パイプラインが設定されています。

image

"Add new pipelines" からパイプラインを登録します。

image

"Name" には wercker 上で表示されるパイプライン名、"YML Pipeline name" には wercker.yml に記述したパイプライン名を入力します。
"Hook type" はこのパイプラインのトリガーを指定します。以下の2種類から選べます。

  • Default: 他のパイプラインの成功をトリガーにする(従来の deploy
  • Git push: GitHub/Bitbucket への push をトリガーにする(従来の build

"Create" するとパイプラインの個別設定ができます。

image

パイプライン独自の環境変数を設定できたりします。
また、"Report to SCM" にチェックを入れておくと GitHub の Pull Request 画面にパイプラインの実行結果を反映できます。イメージこんな感じです。壮観。

image

全部登録するとこんな感じになります。

image

次に、このパイプラインを組み合わせてワークフローを構築します。build の後ろにある "+" をクリックすると、後に続くパイプラインを追加できます。特定のブランチのみ実行するようにもできます。
なお、1つのワークフロー上では同じパイプラインは1回しか使えません。

image

全部登録するとこうなります。テストのパイプラインは並列実行するようにしました。

image

これで wercker の設定は終わりです。

テスト実行

git push すると CI が走り始めます。こんな感じでブラウザに進捗が表示されます。

image

:warning: 並列に記述してあるパイプラインは、同時にスタートするようになっていません。従来のビルドと同じように各パイプラインもキューに突っ込まれ、適宜デキューして実行しているようです。

各パイプラインをクリックすれば、そのパイプラインの詳しい進捗を確認できます。この画面は従来の wercker と同じですね。このページからパイプラインの abort や restart を行うことができます。

image

https://app.wercker.com/#dtan4/rails-wercker-workflows/rspec-controllers/57398ba39779f5075802a86

全部のパイプラインが成功すればこうなり、

image

どれか一つ失敗すればこうなります。この rspec-models パイプラインが通信エラーのように気まぐれで失敗していた場合は、これだけ個別に再実行することができます。

image

トータルの実行時間がひと目でわからないのは厳しいですね…

並列実行の効果

今回はテストを3分割し並列に走らせましたが、直列に実行した場合に比べ1分程度早く終了することが確認できました (1m23s vs. 2min30s)。前述したようにパイプラインの実行タイミングに差があるので、思ったほど実行時間が短くなるわけではありません。しかし、コンテナレベルで環境が分離されるので他の同時実行しているテストの影響を受けにくいこと、各テストを個別にリスタート可能になるといった利点があるので、前向きに Workflows による並列実行を取り入れていっても良さそうです。

おわりに

Wercker Workflows の紹介と実際に Rails アプリの CI に使ってみる例を紹介しました。
wercker 社は今年の2月に資金調達してますし、有料の VPC プランも作られるなど活動が盛んになってきています。今後の進化にも期待したいところです。

REF

dtan4
SRE @ Microservices Platform Team
http://dtan4.hatenablog.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした