WordPress

WordPress カスタム投稿に役立つターム出力方法 いろいろ

More than 1 year has passed since last update.


現在表示しているページのカスタム投稿名を表示


php

$gpt=get_post_type();

echo $gpt;


タクソノミーで条件分岐(アーカイブページの時)


php

<?php if(is_tax('タクソノミー名', array('ターム名1','ターム名2'))): ?>

//trueの挙動を書く
<?php endif; ?>


カスタムタクソノミーの情報を色々取得する


php

  //  タームの情報を取得する

$tarms = get_the_terms( $post ->ID, 'gallery_area_cat' );
// ↓取得したデータが配列かの判定
if (! is_array($tarms)) {
// $tarms に配列データが入ってない場合の処理
$tarms = array(array('title'=>'該当するデータはありません'));
} else {
// $tarms に配列データが入っていた場合は foreach
foreach ( $tarms as $tarm ) {
$sidemenu_active01 = $tarm -> term_id;
}
}

term_id        //ID
name         /
/名前
slug         //スラッグ
term_group      /
/グループID
term_taxonomy_id  //タクソノミーID
taxonomy       /
/タクソノミー名(カテゴリーの場合はcategory、タグの場合はpost_tag
description     //説明
parent        /
/親カテゴリーID(親カテゴリーがない場合は0
count         //投稿数



single.php


ターム名だけをリンク付きで表示 ※$post->IDで現在のページのID番号を所得する


php

echo get_the_term_list($post->ID, 'タクソノミー名');



ターム名だけをリンク無しで表示


php

if ($terms = get_the_terms($post->ID, 'タクソノミー名')) {

foreach ( $terms as $term ) {
echo '<li>' . esc_html($term->name) . '</li>';
}


目的とするtermを持っているか判断


php

if (has_term( $term,$taxonomy )) {

echo "カテゴリーがあります!";
}else{
echo "ありません!";
}


taxonomy.php


ターム名だけをリンク無しで表示


php

single_tag_title();



archive.php


ターム名のみリンク付きで表示


php

echo get_the_term_list($post->ID,'タクソノミー名');