Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
2
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@dritoshi

Bayes LinuxのGalaxyでRNA-seq解析を行う

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

ここでは Bayes Linuxには Galaxy がインストールされています。Galaxy上には、RNA-seq解析ワークフローが、組み込まれています。ここではデモデータを利用してRNA-seq解析を実施する方法を述べます。

ワークフローの概要

RNA-seqで得られた配列から遺伝子発現を定量します。発現量の定量には2つの方法があります。ひとつはゲノムに配列をマッピングする方法、もうひとつはトランスクリプトームへマッピングする方法です。Galaxyには後者の方法を採用したワークフローが登録されています。デモデータはマウスES細胞の1細胞RNA-seqのデータになります。

デモデータの入手

まず、以下のいずれかを読み、Bayes Linuxを起動させます。

次にデモデータをインストールします。デモデータは理研上のサーバから入手されます。環境によって数時間程度かかります。

Bayes Linuxにログインするか、VirtualBox上から、以下のコマンドを入力します。

curl -ssL https://bioinformatics.riken.jp/bayes/vm/dl.sh | bash -s

このコマンドにより /data にデータが保存されます。
保存されるデータは以下の通りです。

  • adapter_primer (混入が予想されるPCRプライマー配列)
  • bowtie2_index (Ensembl transcriptのbowtie2インデックスファイル)
  • quartz_div100_rename (RNA-seqデータ, fastq)
  • sailfish_index (Ensembl transcriptのsailfishインデックスファイル)
  • transcriptome_ref_fasta (Ensembl transcript, FASTA)

Galaxyへのデータの配置

デモデータをGalaxyのデータライブラリへの登録します。

  1. Galaxyに、
    ID: admin@galaxy.org
    パスワード: admin
    でログインする

  2. 上部のAdminをクリックする
    image00.png

  3. 左メニューの中の、Data Libraryをクリックする
    image01.png

  4. 右上の、Create new data libraryをクリックする
    image02.png

  5. Nameにadapter_primerと入力し、Createをクリックする
    image03.png

  6. 右上Add datasetsをクリックする
    image04.png

  7. 以下の情報を入力し、Upload to libraryをクリックする
    image05.png

  • Upload: directory of filesを選択
  • File Format: fastaを選択
  • Server Directory: adapter_primerを選択
  • Copy Data into Galaxy?: Link to files without copying into Galaxy を選択

transcriptome_ref_fastaのデータを入れるために、もう1度、3から7まで作業する。ただし、5で入力するNameはtranscriptome_ref_fasta.

7で入力する内容は以下の通り。

  • Upload options: Upload direcoty of filesを選択
  • File Format: fastaを選択
  • Server Directory: transcriptome_ref_fastaを選択
  • Copy Data into Galaxy?: Link to files without copying into Galaxy を選択

quartz_div100_rename のデータを入れるために、もう1度、3から7まで作業する。ただし5で入力する内容は、quartz_div100_rename,7で入力する内容は以下の通り。

  • Upload options: Upload direcoty of filesを選択
  • File Format: fastqsangerを選択
  • Server Directory: quartz_div100_renameを選択
  • Copy Data into Galaxy?: Link to files without copying into Galaxy を選択

Galaxyでワークフローを実行する

つづく。

2
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
2
Help us understand the problem. What is going on with this article?