analytics
Unity
qnoteDay 18

【Unity】 アナリティクスのカスタムイベントを使ってみる

More than 1 year has passed since last update.


はじめに

Analytics導入後の話になります

導入の仕方は、こことかここを参考にしてみてください

ユーザーの細かなデータが見られればバランス調整で便利です


使った環境


  • unity 2017.1.1f1

  • Analyticsセットアップ済み

  • C#


カスタムイベントを仕込んでみる


PlayerAnalyticsSender.cs

using System.Collections;

using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;
using UnityEngine.Analytics; //追加

namespace TestGame.Script
{
/// <summary>
/// 主人公のステータスを送信するクラス
/// </summary>
public class PlayerAnalyticsSender : MonoBehaviour
{
[SerializeField] Player _player //主人公のステータスを見るための参照

private Dictionary<string, object> dictionary = new Dictionary<string, object>();

/// <summary>
/// 主人公のステータスを送信
/// </summary>
public void SendStatus()
{
dictionary["Lv"] = _player.Lv;
dictionary["HP"] = _player.Hp;
dictionary["Attack"] = _player.Attack;
dictionary["Defense"] = _player.Defense;
dictionary["日本語もOK"] = "hogehoge"

Analytics.CustomEvent("主人公のステータス", dictionary);
}
}
}


例として主人公のステータスを送信してみました

シーン内の適当なゲームオブジェクトにアタッチして、SendStatusをお好きなタイミングで呼ぶようにしておけば準備完了です


確認してみる

UnityEditorのメニューの 「window」→「Services」→「Analytics」

Build&Runして実機でゲームを実行すると「Validato」の項に

先程仕込んだカスタムイベントが表示されます(表示されるまでちょっと時間がかかります)


グラフを確認する

UnityEditorのメニューの 「window」→「Services」→「Analytics」→「Go To Dashboard」

ブラウザが開いたら 「データエクスプローラ」→「+カスタムイベント」

ドロップダウンメニューのなかに送信したイベントがあるので

後はセグメントやパラメータをお好みで設定してください

(ない場合は集計が終わるまで待ってみてください 4~6時間ほどかかるそうです)

お疲れ様でした。