search
LoginSignup
0

posted at

updated at

Organization

初心者 flutter_unity_widget 2022.2.0のpub.devを読む 2

大きめの展望

 今回、この挑戦をして記事化しようと思った決め手はこのビデオである。初心者には遠き道程だが、ここまでできる技術なのだとわかっていれば、やりがいもある。オープンソースではないのでコードを見られないのが残念だけれど、仕方がない。

スモールステップ 

 展望はともかく、初心者はただひたすら、一歩ずつ刻んで行くしかない。公式ドキュメントを読み進めよう。 

Setup 1


これについては、ビデオチュートリアルもありますので、こちらをご覧ください。


 こんな親切なことが書いてあったら、喜び勇んで「こちら」のリンクを踏むのは当然だろう。すると、この動画に至る。

なんでこんな古い動画?

 たった4分27秒の動画だ。だから5分後とはいわないまでも、15分ぐらいでうまくいくんじゃないか、と思ったのが、沼の始まりだった。躓きの原因は、今はある程度わかっている。この動画、古いのだ。2019年4月である。たった43日前に更新している公式ドキュメントが、今なお3年以上前の動画を推奨しているのはなんでなんだろう、と思わないでもないが、「変わっているところもある」と知って、それを意識して視聴すれば、確かによくまとまっている。

前提として知っておくと楽なこと 

 このパッケージが二つのプラットフォームをどう繋ぐのか、最初の段階で私はよく理解していなかった。例えばFlutter x ブロックチェーンでは、異なる言語とはいえ、一つのVisualStudioでコードを書くのだから、あまり不思議に思わず進めた。だが今回は片やAndroidStudio、片やUnity、どう繋ぐのだろう。 
 結論からいってしまえば、UnityのプロジェクトをFlutterのプロジェクトにまるごと埋め込んでしまうのだが、もちろんそのためにいくつかの段階を踏むことになる。ただ、その「入れ子構造」が念頭にあれば、この動画を見て迷うポイントは一つ減るだろう。

変更箇所はどこか 

 この動画は、GitHub上のパッケージをまるまるダウンロードしてきて、その中のexampleをちょっと細工してオリジナルに仕上げる、というつくりになっている。が、そもそもそのexample内のDemoAppが3年前と今では違っている。なので、画面を必死に睨んで「同じようにやろう」と固執すると、「見つからない」「違う」「え゛〜(>_<)」ということになる。

  • DemoApp内のSampleSceneが違う

    • 動画ではAssetのSceneにSampleSceneが一つだけ入っていて、そこにはCubeがある。これにマテリアルで色を付けているが、それは「自分でやった」という印みたいなものだから、あまり気にしなくていい。
    • 現在のDemoAppでは、Sceneの中にNativeScene、SampleScene、scene_2という三つのfileがあって、どれを開けても動画と同じではない。ここで引っかかることなく、「動画は古いんだ」と思い定めて、次に進まなくてはいけない。この段階でオリジナリティーにこだわる気がなければ、Cubeに色を付ける、という寄り道も特に必要ではない。
  • FlutterへのExport画面が違う

    • 動画ではExport AndroidとExport iOSという二つの選択肢しか出ない。
    • 現在はdebugモード、リリースモード、plug-inなど、ずらっと選択肢がドロップダウンで出てくる。「おお、進化してる」と喜んで、とりあえずどちらか好きなdebugモードを選ぼう。
  • 出力されるdirectory名が違う

    • 動画では「UnityExport」というdirectoryができていることを確認する。
    • 現在は「unityLibrary」というdirectoryになっている。くれぐれも、「UnityExportがない!」と慌てないように。
  • Flutter側での詳細設定が違う

    • 動画ではいくつかの詳細設定をしているが、不要になっているものもある。これは次回以降、現在のドキュメントと比較しながら確認していく。
  • できあがるアプリが違う

    • ここまで来れば予想できることだが、動画とは違う画面が出力される。でも、もうそんなことは気にならないはず。

次回は実際に手を動かしていこう 

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
0