Help us understand the problem. What is going on with this article?

リモートワークと子育て

More than 3 years have passed since last update.

子育て AdventCalender2016 の2日目。
今年の7月から週2日リモートワーク(在宅勤務)で仕事をしています。
家にいるときの仕事のやり方にも慣れてきて、1日の流れも定型化されてきたので
私のリモートワークでの1日のタイムスケジュールを紹介します。

家族構成

私:エンジニア
妻:フルタイムで働いている(エンジニアではない)
長女:小4
次女:5歳

リモートワークの1日のタイムスケジュール

6:30 妻と子供たち:起床、朝食や朝の支度
7:30 妻:仕事へ出発 私:起床、朝食や朝の支度
7:50 長女:小学校へ出発
8:15 次女を保育園へ送る
8:30〜10:00まではだいたい↓をしてることが多い

  • 妻が朝洗濯機を回して仕事へ行くので、洗い終わった洗濯物を干す
  • 学習(読書)や調べ物
  • 仕事
  • ゆっくりする

10:00 Skypeで朝会(デイリースクラム)
10:30 仕事
13:30 昼食。昼食は家にあるもので済ませる。昨日の夕飯の残りや、インスタント食品が多い
14:00 仕事
15:00〜16:00 長女が小学校から帰ってくる。長女は遊びor習い事に行く。私は引き続き仕事
17:45 次女を保育園に迎えに行く
18:00〜21:00頃まではだいたい↓をしてることが多い

  • 洗濯物をとりこむ
  • 米を炊く。余力があれば味噌汁を作る
  • 浴槽を洗ってお湯を入れる
  • 皿洗いをする
  • 子供とお風呂に入る
  • 夕飯
  • ゆっくりする

21:30 子供たち就寝。 私はいつでも寝られるように歯を磨いてから、少し仕事する。
就寝はだいたい23:00〜24:00頃。あまり遅くならないように気をつけている。眠たくなったら寝ることにしている。

リモートワークと子育て

何にせよ子供は風邪をひきまくる生き物です。リモートワークという選択肢がなかったときは、子供の具合が悪くなるたびに、私か妻のどちらかが有休を取っていました。仕事が忙しいときは、妻も私も休みにくいため、とても悩ましい問題でした。

リモートワークという選択肢があれば、有休を取らずとも(子供の面倒を見ながらになりますが)仕事ができます。会社でミーティングがあればSkypeで参加したり、Slackでコミュニケーションをとることもできます。

下記は、先日、次女の具合が悪くなったときに、Slackの勤怠連絡用チャンネルに投げた私の投稿です。
スクリーンショット 2016-12-01 12.31.51.png

会社からの返信は、承知の絵文字だけ。
便利な時代になりましたね。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした