Edited at

[JAWS-UG CLI] Amazon Kinesis Firehose re:入門 (6) 関連リソースの削除

More than 1 year has passed since last update.


この記事について

JAWS-UG CLI専門支部 #90 Kinesis Firehose 復習編で実施するハンズオン用の手順書です。


前提条件


必要な権限

作業にあたっては、以下の権限を有したIAMユーザもしくはIAMロールを利用してください。


  • 以下のサービスに対するフルコントロール権限


    • Kinesis Firehose

    • IAM

    • EC2

    • S3

    • CloudWatch Logs

    • STS

    • (Lambda)


      • データの変換を行う場合



    • (KMS)


      • データの暗号化を行う場合






0. 準備


0.1. リージョンを指定

オレゴンリージョンで実施します。(東京マダー?)


コマンド

export AWS_DEFAULT_REGION="us-west-2"



0.2. 資格情報を確認


コマンド

aws configure list


インスタンスプロファイルを設定したEC2インスタンスでアクセスキーを設定せずに実行した場合、以下のようになります。


結果

      Name                    Value             Type    Location

---- ----- ---- --------
profile <not set> None None
access_key ****************QSAA iam-role
secret_key ****************c1xY iam-role
region us-west-2 env AWS_DEFAULT_REGION


0.3. バージョン確認


コマンド

aws --version



結果

aws-cli/1.11.129 Python/2.7.12 Linux/4.9.38-16.33.amzn1.x86_64 botocore/1.5.92



0.4. バージョンアップ(必要に応じて)


コマンド

sudo pip install -U awscli



0.5. 変数の確認


コマンド

cat << ETX

CF_STACK_NAME: ${CF_STACK_NAME}

ETX



1. Stackの削除


1.1. Stackの削除


Stack名の確認


コマンド

cat << ETX

CF_STACK_NAME: ${CF_STACK_NAME}

ETX



結果


CF_STACK_NAME: firehose-jawsug-cli



Stackの確認


コマンド

aws cloudformation describe-stacks \

--stack-name ${CF_STACK_NAME}


結果

{

"Stacks": [
{
"StackId": "arn:aws:cloudformation:us-west-2:XXXXXXXXXXXX:stack/firehose-jawsug-cli/5d4aac10-7aba-11e7-bd3e-50a686be738e",
"Description": "JAWS-UG CLI Kinesis Firehose Hands-on",
"Parameters": [
{
"ParameterValue": "XXXXXXXXXXXX_firehose_jawsug_cli",
"ParameterKey": "KeyPairName"
},
{
"ParameterValue": "10.0.0.0/16",
"ParameterKey": "VPCNetworkAddress"
},
{
"ParameterValue": "10.0.0.0/24",
"ParameterKey": "PublicSubnetAddr"
}
],
"Tags": [],
"Outputs": [
{
"OutputKey": "PublicIP",
"OutputValue": "34.209.250.207"
},
{
"OutputKey": "IAMRoleARN",
"OutputValue": "arn:aws:iam::XXXXXXXXXXXX:role/service-role-firehose"
},
{
"OutputKey": "S3BucketName",
"OutputValue": "firehose-jawsug-cli-s3bucket-1qtuo76w7zanq"
}
],
"CreationTime": "2017-08-06T15:17:30.587Z",
"Capabilities": [
"CAPABILITY_NAMED_IAM"
],
"StackName": "firehose-jawsug-cli",
"NotificationARNs": [],
"StackStatus": "CREATE_COMPLETE",
"DisableRollback": false
}
]
}


Stackの削除


コマンド

aws cloudformation delete-stack \

--stack-name ${CF_STACK_NAME}


Stackの削除を待機


コマンド

aws cloudformation wait stack-delete-complete \

--stack-name ${CF_STACK_NAME}

【注意】スタックを完全に削除できない場合があります。原因を解消し再試行してください。

想定される原因として、以下の様なものが考えられます。


  • S3バケットにデータが残っている

  • IAMロールにCloudFormation以外の手段でポリシーをアタッチしている


Stackの確認


コマンド

aws cloudformation describe-stacks \

--stack-name ${CF_STACK_NAME}


結果

An error occurred (ValidationError) when calling the DescribeStacks operation: Stack with id firehose-jawsug-cli does not exist


以上