Help us understand the problem. What is going on with this article?

アプリケーション共通基盤のモデル考案

More than 1 year has passed since last update.

※記載内容はメモとして作成しているため、修正が必要な部分があるかもしれません。
また、考案中のモデルのため、ご意見があればコメント求めます。
2018年6月08日初回作成
使用や改造は善意ある個人主義の人のみ自由とします。

アプリケーション共通基盤の考案

【要約】
共通トランザクションモジュールの一元化と一つの項目のデータベース化により、以下の特徴を持つシステムを提供する。

1.資源コスト削減
2.運用コスト削減
3.構築コスト削減
4.設計の簡易化による設計コスト削減
5.運用の簡易化によるアプリケーション管理の容易さの実現
6.隠ぺい化によるセキュリティ性の向上

【課題】
最低限の技術者で気軽なシステム開発・運用を提供する。

【解決手段】
共通トランザクションモジュールの一元化と一つの項目のデータベース化による全リレーショナルDBを作成し、最低限の開発とユーザビリティの高い設計を実現。

image053.png

【説明1】
従来におけるテーブルは列の連続であるが、一列のみをテーブルとしすべてをリレーショナルDBで作成する。
※DB設計の単純化を目的とするがここはいろいろ考えられる。とりあえず極端な案とする。

【説明2】
トランザクション用のモジュールを共通化する。

【説明3】
言語が異なるAP・DBサーバを使用する場合は共通変換モジュールを利用する。

【説明4】
従来型サーバと混合環境となる場合、従来の環境はそのままで追加項目のみが新DB
の作成対象となり、新DBのHTMLの処理は共通モジュールを使用するものとする。

【説明5】
新しいページの設計と古いページの変更をする場合は画面のデザインと必要なデータとその
データの処理方法(計算方法など)を記述した設計書のみで開発可能とする。

【説明6】
以下のセキュリティモデルを対応とし、アクセスレベルの階層化によるデータの堅牢性を
一元化する。

■想定されるデータ操作
①お客さまのインターネット通信
②物理的に離れた支店からの接続
 1.社内セグメントからの接続
 2.インターネットによる接続 → ①と同様とする
③システム運用者セグメントの接続

■データのアクセスの全パターン
①、②、③が単独で接続する場合
①と②の接続
①と③の接続 →運用上存在してはおかしいため無視
②と③の接続
①と②と③の接続

上記パターンをアクセスレベルに置き換える

環境 アクセスレベルの階層モデル化
インターネットからの接続 指定トランザクションからの接続のみ
社内セグメントからの接続 指定トランザクションからの接続のみ
システムセグメントからの接続 一般のシステム用の設定と変わらず

【まとめ】
言語・DBによる違いを吸収する共通モジュールを開発することによって劇的に
いろんなサーバをまとめて管理することを可能とする。
差分を吸収するコンポーネントはいろいろあります。

※考案中のため未実験です。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした