Help us understand the problem. What is going on with this article?

Mackerel-agentをMacOSX(darwin)に導入する

More than 5 years have passed since last update.

githubからcloneしてきても良いのですが、brewで簡単に導入することもできます。

HOW-TO

まだbrew公式には取り込まれていないため、自分でbrew tapコマンドで追加しています

sudo sh << SCRIPT
brew tap motemen/mackerel-agent
brew update
brew install mackerel-agent
SCRIPT

Mackerelのサイトと同じように、一気にコピペすれば動きます。

導入が完了すると、設定ファイルが

/usr/local/etc/mackerel-agent.confに配置されます。ここにapi-keyを追加しましょう。

$ vim /usr/local/etc/mackerel-agent.conf

Dashboadから右上の詳細ってリンクを踏むとAPIKEYがあるので、コピペします。書き加える行数は関係ないです。最初なり最後なり、自分の好きな所に。

mackerel-agent.conf
...

apikey = "APIKEY"

...

保存したら、早速実行してみましょう。

$ sudo mackerel-agent

これでDashboadにあなたのMacの名前が表示されるはずです。

エラーが出た場合

コンフィグファイルの位置の設定がおかしいとエラーが出るようです。
現状のmackerel-agentの仕様のようです。しかたがないので設定ファイルにシンボリックリンクを貼りましょう。

sudo sh << SCRIPT
mkdir ~/Library/mackerel-agent
ln -s /usr/local/etc/mackerel-agent.conf ~/Library/mackerel-agent/mackerel-agent.conf
SCRIPT

これでもう一度

$ sudo mackerel-agent

とすれば動くでしょう。

追記:deamon化して自動で起動するようにしよう

デーモン化していないみたいなので、このままですと、起動の度に毎回sudo mackerel-agentしなくてはなりません。
面倒なのでデーモン化してしまいましょう。
あまりUNIX、darwinの内部はよく理解していないので、間違っていたら編集リクエストやコメントを頂けると幸いです。

How to

sudo sh << SCRIPT
sudo ln -s /usr/local/Cellar/mackerel-agent/agent/homebrew.mxcl.mackerel-agent.plist /Library/LaunchDaemons/homebrew.mxcl.mackerel-agent.plist
launchctl load /Library/LaunchDaemons/homebrew.mxcl.mackerel-agent.plist
SCRIPT

これでエラーが出なければ動いているかと思います。
確認方法は

$ launchctl list

とでもやって、目grepするなりパイプしてgrepしましょう。homebrew.mxcl.mackerel-agentがあれば動作しています。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away