Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

Processing 3.5.3 (電子アート/ビジュアルデザイン用プログラミング言語) Raspberry Pi 4で動く?動かない?

Processing 3.5.3 が Raspberry Pi 4で動く動かないの話です。
2020年6月28日現在、私個人の動作確認により少し切り分けられ、動かない動作環境があることがわかりました。

動作した環境

  • Raspberry Pi 4 (4GB) + Raspberry Pi OS (32-bit) + LXDE + openjdk-11 + Processing 3.5.3 (+ xrdp from Windows 10)
$ hostnamectl
$ Operating System: Raspbian GNU/Linux 10 (buster)
$ Kernel: Linux 4.19.118-v7l+
$ Architecture: arm

さて、LXDEまで入れたら、

$ sudo update
$ sudo apt install default-jdk
$ curl https://processing.org/download/install-arm.sh | sudo sh

完了、再起動し、デスクトップメニューからProcessing(プログラミングかグラフィックスに入っている)を選ぶと瞬時にスプラッシュが出ます。スプラッシュからIDEまでは少し待ちます。

動作していない環境

  • Raspberry Pi 4 (8GB) + Raspberry Pi OS beta (64-bit) + LXDE + openjdk-11 + Processing 3.5.3 (+ xrdp from Windows 10)
$ hostnamectl
$ Operating System: Debian GNU/Linux 10 (buster)
$ Kernel: Linux 5.4.42-v8+
$ Architecture: arm64

さて、こちらもLXDEまで入れたら、

$ sudo update
$ sudo apt install default-jdk
$ curl https://processing.org/download/install-arm.sh | sudo sh

導入スクリプト処理は完了します。再起動もします、デスクトップメニューからProcessingを選びますが、マウスカーソルがしばらく砂時計になってやがて静かに元通り。

さらに、ダメ元で、Tar-ballsから入れて動作確認してみました。

dk4130523@raspberrypi:~/processing-3.5.3 $ processing
dk4130523@raspberrypi:~/processing-3.5.3 $ Exception in thread "AWT-EventQueue-0" java.awt.HeadlessException`

default-jre-headless (2:1.11-71) は入っているのですが、だめでした。もう少し調査してみます。

参考: xrdpから接続して動作している画面

image.png

まとめ

2020年6月28日現在、Raspberry Pi 4 running Raspberry Pi OS beta (64-bit) 環境では、すばらしい Processing 3.5.3 が動作しない(落ちる)というご報告でした。betaが外れるころには動くのではないかと思います。

追記: xrdp 環境導入

$ sudo apt install xrdp xserver-xorg xinit raspberrypi-ui-mods
$ sudo service xrdp restart

# 好みで、
$ sudo apt install rc-gui fcitx-mozc

以上です。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away