Help us understand the problem. What is going on with this article?

SORACOM でWio LTEを買ってみた

SORACOM でWio LTEを買ってみた

Grove IoT スターターキット for SORACOMSORACOM ユーザーコンソールから購入しました。
2017年に発売されたボードです。

公式チュートリアル「LTE モデム搭載プロトタイプ向けデバイス Wio LTE をセットアップする
をやってみます。

分り難かった部分を初心者向けに補足していきます。
が、ほぼ問題なく完了できてしまいました。

OS:Windows10 バージョン1809
ボード:Wio LTE Cat.1 v1.3b 03/30/2018

基礎知識: Wio LTE の準備

SIM登録

SORACOM ユーザーコンソールからSIM登録を行います。
スターターキットに付属するクーポンは右上のアカウントを選択するとメニューに表示される「クーポン登録」から登録します。

アンテナ取付

U.FLコネクタがはまらず苦戦しました。
通常は軽い力でパチンとはまりますが、頻繁に付け外しを行うと緩くなりそうです。
※チュートリアルで一番苦戦したところです...

基礎知識: Wio LTE の “通常モード” と “DFU モード”

ドライバがインストールされていないので接続しても「STMicroelectronics Virtual COM Port」は表示されません。
焦らずステップ1へ進みましょう。

BOOTボタン+RSTボタンでDFU モードへ移行し、RSTボタンで通常モードへ戻ることだけ覚えておきましょう。

ステップ 1: Wio LTE の開発環境を準備する

Arduino のインストール

2019/12/31 のArduino IDEは1.8.10でした。
Microsoft Store は1.8.9だったので、本家サイトからInstallerをダウンロードしました。

SeeedJP STM32 Boards のバージョンは1.3.0でした。
インストールには1分程度かかります。

WinUSB ドライバのインストール

Zadig 2.4 でした。
操作感が若干違いましたが「STM32 BOOTLOADER」が表示されました。

TeraTerm のインストール

シリアル通信をモニター出来れば良いので、インストール済みだったPuTTYを使用しました。

ステップ 2: Wio LTE で開発してみる (LED点灯)

スケッチライブラリをインクルードしていないと、スケッチ例が表示されません。

ステップ 3: Wio LTE で開発してみる (デバイス稼働時間を SORACOM Harvest へ送信)

SORACOM Harvest の費用は「書き込みリクエスト: 1日 2000リクエストまで、1SIMあたり 1日5円」です。

スケッチを書き込み後にRST ボタンを押して通常モードにしましたが通信部分でエラーが発生してしまいました。
再度、RSTボタンを押下したところ、正常にデータが送信され始めました。

PuTTYでもSerialのCOM4を指定して出力を確認することができました。

以降のステップ

センサーデータをSORACOM Funnel を使ってAWS IoT Core へ送信したいと思います。

diskn
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした