Help us understand the problem. What is going on with this article?

FluentdをDockerで運用する場合はファイルバッファーは永続化しておいた方がいい

More than 5 years have passed since last update.

FluentdはプロセスにシグナルSIGUSR1を送るとバッファーを強制的にフラッシュしてくれます。
そのため、Fluentdのコンテナを差し替えたい場合に、もしFluentdのファイルバッファを永続化しない運用をしていたとしても、
FluentdにSIGUSR1を送ってフラッシュしてからコンテナを停止し、別コンテナを起動すれば問題ないように思えます。(*1)

しかし、現在のところバグによりtime_slice_waitを指定している場合はSIGUSR1を送ってもフラッシュしないようです。
https://github.com/fluent/fluentd/pull/533

この問題の修正は2015/01/15にマージされており、fluentd 0.10.59から反映されています。
td-agentを使っている場合、まだこのバージョンに対応したパッケージが提供されていないため、

  • ファイルバッファをデータボリュームなどに永続化する
  • ログの送信元をシャットダウンしたうえで、time_slice_waitに達してフラッシュされるまで待つ

といった運用をしなければなりません。

(*1) コンテナの停止中にログの取得漏れがないようにFluentd自体は冗長化されている前提です。

追記 2015/03/22

docker cpとdocker execを使うことでホスト-コンテナ間を自由にファイル移動できることを知りました。
Fluentdのバッファーがひとつのディレクトリにまとまっていれば比較的簡単にバッファーファイルを移動できます。
データ用コンテナを使うのが一番よいのでしょうが、ファイルコピーもひとつの方法になります。

バッファファイルのコンテナからコンテナへの移し方

/var/log/td-agent/buffer にバッファファイルがまとまっているものとします。

コンテナからホストにバッファをコピー

docker exec -i <コンテナ名> tar -cv -C /var/log/td-agent buffer > buffer.tar

ホストからコンテナにコピー

 #tarをコンテナにコピー
docker exec -i <コンテナ名> /bin/bash -c 'cat > /var/log/td-agent/buffer.tar' < buffer.tar
 #コンテナのtarを展開
docker exec -i <コンテナ名> /bin/bash -c 'cd /var/log/td-agent; tar xf buffer.tar'
devneko
フリーのプログラマです。 ウェブシステム開発、スマホアプリ開発にフルスタックで対応可能です。
http://blog.devneko.net/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした