Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
0
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@developer-kikikaikai

C言語で デザインパターンにトライ! Threadpool~効率よくスレッドを使いまわそう

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

「C言語でトライ! デザインパターン」
今回はマルチスレッドのパターンです。Threadpoolパターン。今回も自分が使いたいように解釈し、ざっくりいうと「FDイベントのロードバランサー」といった形で表現しました。

デザインパターン一覧
作成したライブラリパッケージの説明
公開コードサンプルはこちら, ライブラリパッケージはこちら

Threadpoolパターン

wikipedia英語版のgoogle翻訳

スレッドプールは、監視プログラムによって並行して実行するためにタスクが割り当てられるのを待つ複数のスレッドを維持します(レプリケートされたワーカーまたはワーカークルーモデルとも呼ばれます)。

裏でいくつかスレッドを常駐させておいて、非同期処理をしたい時に利用しよう!という感じですね。ちょっとした非同期処理を沢山行う場合には、スレッドを作成する手間が省けるのでいいんですかね?
ただ、Cでコマンド実行系のプログラムを非同期で沢山作るなら、スクリプト言語でサクッと書いた方がいいと思います。前に上記のような形のプールを頑張って作った人がいましたが、使い勝手はう~ん、って感じでした。
そんな中、ちょうどサーバーの抱えるThe C10K problemというものを目にして、実際の1スレッドで頑張っているlighttpdを見ながらどうするのといいんだろうって考えていたところ、このスレッドプールっぽい表現でのコネクション管理がよさそうだと思い、今回のライブラリ作成に至りました。

ライブラリ

概要

基本方針としてはこう。
1. epollのようなイベントを待ち受けするスレッドを複数プールさせる。
2. ユーザーは、そのスレッドプールに対してイベント待ちしたいファイルディスクリプタをコールバック関数を登録する。
3. イベントトリガーが発生すると、非同期でコールバック関数が登録される。

といった形です。epoll等の登録先を複数にして、偏らないようバランスをとるだけのライブラリです。
これはスレッドプールか?と思われるかもしれませんが、有意義な使い方だしいいかなと思ってこうしました。

(実は今まとめながら調べてたら.Netのスレッドプールなんかもこんな感じっぽいですね。)

クラス設計

Threadpoolの管理クラスをEventPoolManagerと、そのAPIをevent_threadpoolと表現しました。
ユーザーはEventPoolManagerのインスタンスを作成した後は、add/add_threadのAPIを使ってEventSubscriberを登録する形となります。

threadpool_v100.png

いい点

  • 必ずと言っていいほど実装することになるイベント待ち受けスレッドを作ってくれる。
  • 追加、削除もAPI一つなので楽
  • スレッド指定も可能なので、特定のFD(例えば特定ユーザーのコネクション)を同じスレッドに登録して、疑似シングルスレッドな実装も可能

使いどころ

  • イベントの多いシステム
  • 接続クライアントの多いサーバー

欠点

  • 非同期処理前提
  • libevent 2以上を利用する為、ディストリビューションによっては構築が大変かも

動作環境:

Ubuntu 18.04 Desktop
libevent-devel 2.1.8-stable-4build1
、で動作確認済み

(sudo apt install libevent-devでインストール)

Cent OS5.1 Desktopはlibevent2の導入に少し時間がかかりそうなので未確認。

詳細

API定義

event_threadpool.h
#include <event2/event.h>

struct event_tpool_manager_t;
typedef event_tpool_manager_t * EventTPollManager;

struct event_subscriber_t {
        int fd;/*!< file descriptor of this subscriber */
        int eventflag;/**< event flag related to event.h
                       *(or of EV_READ, EV_WRITE and EV_PERSIST.
                       *If you want to keep notification many times, please set EV_PERSIST.)
                       */
        event_callback_fn event_callback;/*!< defined in event.h, void (*event_callback_fn)(socketfd, short eventflag, void * event_arg);*/
} event_subscriber_t;

typedef event_subscriber_t * EventSubscriber;

EventTPoolManager event_tpool_manager_new(int thread_num, int is_threadsafe);
void event_tpool_manager_free(EventTPoolManager this);
size_t event_tpool_manager_get_threadnum(EventTPoolManager this);
int event_tpool_add(EventTPoolManager this, EventSubscriber subscriber, void * arg);
int event_tpool_add_thread(EventTPoolManager this, int threadid, EventSubscriber subscriber, void * arg);
void event_tpool_del(EventTPoolManager this, int fd);
#endif

使い方:

  1. event_tpool_manager_newでスレッドプールの管理インスタンスを作成します。thread_numが負の場合はデフォルト(とりあえずある記事を参考にCPU数×2としています)。数を知りたい場合はevent_tpool_manager_get_threadnumを利用してみてください。また、利用する待ち受け処理はプラグイン化されており、ユーザー選択が可能です。※
  2. event_subscriber_tにFDとコールバック関数、イベント発行フラグを設定し、event_tpool_addで登録。event_tpool_add_threadでスレッド指定も出来ます。
  3. event_tpool_delで登録したイベントを削除。上書きもevent_tpool_addで同じFDに対して上書きすることが出来ます。
  4. 使い終わったらevent_tpool_manager_freeで解放。

※libevを使用する場合のライセンスはGPLになるので注意です。

コード

以下に置いてあります。
https://github.com/developer-kikikaikai/design_pattern_for_c/tree/master/threadpool

サンプル

まずnewします。とりあえず3つスレッドをプールします。

main.c
        EventTPoolManager tpool = event_tpool_manager_new(3, 0);

event_subscriber_tを用意してevent_tpool_addしていきます。登録イベント数は分散するので、3つevent_subscriber_tを登録すると各スレッドに1つずつ登録される形になります。

main.c
        event_subscriber_t subscriber[TESTDATA]={
                {.fd = testdata[0].sockpair[SUBSCRIBER_FD], .eventflag=EV_READ, .event_callback = test_1},
                {.fd = testdata[1].sockpair[SUBSCRIBER_FD], .eventflag=EV_READ|EV_PERSIST, .event_callback = test_2},
                {.fd = testdata[2].sockpair[SUBSCRIBER_FD], .eventflag=EV_READ|EV_PERSIST, .event_callback = test_3},
                {.fd = testdata[3].sockpair[SUBSCRIBER_FD], .eventflag=EV_READ|EV_PERSIST, .event_callback = test_4},
        };

        int tid[TESTDATA];
        for(int i=0; i<TESTDATA-1; i++) {
                printf("add[%d] fd:%d\n", i, subscriber[i].fd);
                tid[i] = event_tpool_add(tpool, &subscriber[i], &testdata[i]);
                if(tid[i] < 0) {
                        DEBUG_ERRPRINT("####Failed to call event_tpool_add[%d]\n", i);
                        return -1;

                }
        }

「subscriber[3]はsubscriber[1]と同じスレッドにしたい!」という場合は、event_tpool_add_threadを使って、同じスレッドに登録することも出来ます。

main.c
        if(event_tpool_add_thread(tpool, tid[1], &subscriber[3], &testdata[3]) != tid[1]) {
                DEBUG_ERRPRINT("####Failed to add event_tpool_add_thread[%d]\n", 3);
                return -1;
        }

登録が完了したら、そのFDに対してイベントを飛ばすとコールバックtest_1~test_4が呼ばれます。

main.c
        //call write
        for(int i=0;i<TESTDATA;i++) {
                int tmp=0;
                write(testdata[i].sockpair[TEST_FD], &tmp, sizeof(tmp));
        }

API変更履歴

2018/07/21 newのインターフェイスをプラグイン指定形式に変更

参考

libeventでの実装時参考:
[manページ](http://www.manpagez.com/man/3/event_del/
公式のテストコード

スレッドプールチューニング記事

苦戦したところは以下にメモって行きます。あまりにも遅かったらライブラリを差し替えます。
https://qiita.com/developer-kikikaikai/items/69f889e03133441ffbe0

0
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
developer-kikikaikai
とある自社事業のWebシステム開発チームアーキテクト(2019年-) Golangでマイクロサービス開発してます それまではLinux組み込み開発で10年くらい 組み込み時代はミドルウェアより上位層が主戦場でした 技術の幅を増やすのはもちろんだけど、それ以上にチーム構築・チーム開発への貢献力を大事にしたい

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
0
Help us understand the problem. What is going on with this article?