107
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 3 years have passed since last update.

posted at

updated at

Organization

DjangoとVueでカンバンアプリケーションを作る(1)

PyConJP 2018の発表用に作成したDjangoDeKanbanを作成するチュートリアル記事です。

最終的に以下のようなアプリケーションが構築できることを目指します。

いいから完成形よこせよ、って方は以下のリポジトリからどうぞ。

注意事項

本チュートリアルではDjango,Vue,PostgreSQL、Redis等を扱います。これらの初歩・インストール・環境構築は扱いませんが、チュートリアルではこれらの知識がなくても始められるようにDockerのテンプレートを用意しています。そのため、docker-composeが実行できる環境であれば始められます。

DockerComposeの環境構築については様々な記事が出ていますので別途お探しください。なお、ドキュメントも十分わかりやすいかと思います。

環境の準備

事前確認

本チュートリアルではDockerを使用した環境上でアプリケーションを構築していきます。以下のコマンドが正常に実行できることを確認します。

$ docker-compose --version

このコマンドが以下のように結果を戻せば大丈夫です。1.22.0の部分は違っても問題ありません。

実行例
$ docker-compose --version
docker-compose version 1.22.0, build f46880f

本コマンドがエラーになる場合は先にdocker-composeの環境を準備してから先に進んでください。

テンプレートの取得

まずは以下のzipファイルを取得します。

その後任意のディレクトリで解凍し、以下のコマンドを実行してください。

$ cd /path/to/zip/dir/django-vue-template-master
$ ls -l
実行結果
$ ls -l
-rw-r--r--@  1 denzow  staff   483  9 17 10:52 requirements.txt
-rwxr-xr-x@  1 denzow  staff   543  9 17 10:52 manage.py
-rw-r--r--@  1 denzow  staff  1144  9 17 10:52 docker-compose.yml
drwxr-xr-x@  5 denzow  staff   160  9 17 10:52 docker
drwxr-xr-x@ 10 denzow  staff   320  9 17 10:52 application
-rw-r--r--@  1 denzow  staff   101  9 17 10:52 README.md
-rw-r--r--@  1 denzow  staff   104  9 17 10:52 Dockerfile_vuejs
-rw-r--r--@  1 denzow  staff   213  9 17 10:52 Dockerfile_service

このようなファイルが配置されていれば完了です。以降、現在のディレクトリをBASE_DIRと表記します。

動作確認

BASE_DIRにいることを確認した上で、以下のコマンドを実行します。

$ docker-compose up -d 
実行例
$ docker-compose up -d
WARNING: The DJANGO_ENV variable is not set. Defaulting to a blank string.
Creating network "django-vue-template-master_default" with the default driver
Creating django-vue-template-master_db_1    ... done
Creating django-vue-template-master_vuejs_1 ... done
Creating django-vue-template-master_redis_1 ... done
Creating django-vue-template-master_service_1 ... done
Creating django-vue-template-master_service_nginx_1 ... done

初回起動時はいろいろ出ますが、最終的に5つのdoneが出れば問題ありません。起動されているコンテナの説明を記します。

container role
service djangoが起動するコンテナ
service_nginx リバースプロキシのためのnginxが起動するコンテナ
db djangoが使用するDB(PostgreSQL)が起動するコンテナ
redis KVSのRedisが起動するコンテナ
vuejs *.vueファイルをコンパイルするvuecliが起動するコンテナ

起動しているコンテナはdocker-compose psで確認することができます。

実行例
$ docker-compose ps
WARNING: The DJANGO_ENV variable is not set. Defaulting to a blank string.
                   Name                                 Command               State                    Ports
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
django-vue-template-master_db_1              docker-entrypoint.sh postgres    Up      5432/tcp
django-vue-template-master_redis_1           docker-entrypoint.sh redis ...   Up      0.0.0.0:6379->6379/tcp
django-vue-template-master_service_1         /app/docker/service/start- ...   Up      0.0.0.0:3000->3000/tcp
django-vue-template-master_service_nginx_1   /start-nginx.sh                  Up      443/tcp, 80/tcp, 0.0.0.0:8000->8000/tcp
django-vue-template-master_vuejs_1           /app/docker/vuejs/start-wa ...   Up

すべてのstatusUpであれば大丈夫です。

この状態でhttp://localhost:3000にブラウザからアクセスしてみましょう。

KANBAN.png

真っ白ですが、このような画面が表示されていれば準備は完了です。

ディレクトリの説明

第一回の最後に、各ディレクトリの簡単な補足をしておきます。

.
├── Dockerfile_service   # serviceコンテナの設定
├── Dockerfile_vuejs     # vuejsコンテナの設定
├── README.md
├── application          # Djangoアプリケーションのコード
│   ├── __init__.py
│   ├── modules          # Djangoのロジックコードの配置先
│   ├── settings         # Djangoの設定
│   ├── static           # css/js等の静的ファイル
│   ├── templates        # DjangoのHTMLテンプレートの配置先
│   ├── views            # request/resposenをさばくViewレイヤーの配置先
│   ├── vuejs            # vuejsのコンパイル前のコードの配置先
│   └── wsgi.py          # djangoのエントリーポイント
├── docker               # docker関連のファイル
├── docker-compose.yml   # 各コンテナの連携の設定
├── manage.py            # djangoの管理コマンドのエントリーポイント
└── requirements.txt     # 必要なPythonのライブラリを列挙したもの

特に理解する必要はありませんが、参考として載せてあります。

次回

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You can follow users and tags
  2. you can stock useful information
  3. You can make editorial suggestions for articles
What you can do with signing up
107
Help us understand the problem. What are the problem?