Riot.js向けのSyntax Highlightをプラグインにしました (Atom用)

More than 3 years have passed since last update.


Atom用のRiotjsのSyntax Highlightを作りました

language-riot-tag

JS/CSSのpreprocessorに対応したものがなかったので作りました。以下このプラグインの限界です。



  • <script></script>タグは必須

  • Jadeには非対応(リクエストがあれば頑張ります!たぶん!)

  • タグ内の{}表記は放置


  • .tagファイルのみ自動適用対象。.tag.htmlとかも対象に追加して欲しいなどあればご連絡ください!

JS, CSSに加えて、CoffeeScript, Sass, Scss, Less, Stylusのハイライトが有効になるはずです。それぞれ、<script type="coffee">という感じで、type属性で指定してあげてください。

中途半端なプラグインですが、多少は快適になると思うので是非使ってみてください。PRや要望をいただければ望外です!


AtomのSyntax Highlightについてのメモ


  • grammarsフォルダの中にxxxx.csonファイルを作れば自動で読み込まれる

  • 形式はTextMate/Submileと同様。Atom側でドキュメントが用意されていないので、http://manual.macromates.com/en/language_grammars が頼り。csonに読み替えて書く。

  • 公式のlanguage-htmlとかでも、<script>タグや<style>タグを拾うpatternのnameがsource.js.embedded.html等になっているが、そうすると<script>タグ自体もsourceだと判断されてコメントアウトの挙動がおかしくなる気がする。nameではなくてcontentNameを使うと正しい挙動に近づくが、正解がわからない。

  • パクリ元の正規表現がいくつか理解できない。



    • (?i:style)?i:


    • (?<=</(script|SCRIPT))?<=

    • 何度も出てくるのでミスではない気がする。詳しい方がいらっしゃったら教えて下さい!