LoginSignup
10
8

はじめに

私ごとですが、実は、ここ数ヶ月毎月1回以上登壇しており、だんだんと登壇準備のやり方が固まりつつあります。
そのため、この記事では、「ChatGPT-4o を使って、登壇資料・スライドを作る」やり方をまとめようと思います。

発表の準備プロセス

私の発表準備のプロセスは以下のようにしています。

  1. 発表内容を考える
  2. 発表原稿を作る
  3. 発表練習をする ①
  4. スライドを作る
  5. 発表練習をする ②
  6. 資料を公開する
  7. 発表

このプロセスでChatGPT-4oを使っているのは、「1. 発表内容を考える」「2. 発表原稿を作る」と「4. スライドを作る」です。

発表内容を考える

発表内容を考える時に気をつけているのは以下の3点です。

  • 自分が話せる内容になっているか
  • イベントのテーマに沿った内容になっているか
  • 聞いている人が興味の出る内容になっているか

そのため、以下のようなプロンプトを書き、ChatGPT-4oと一緒に発表内容を考えます。

この度、〇〇〇というイベントに登壇することになりました。
このイベントの概要は以下の通りです。

---

<!-- イベント概要(connpass等の文を丸コピする) -->

---

このイベントに登壇するにあたって、以下のテーマの中から話そうと思っています。

- テーマ1
    - タイトル ①
    - タイトル ②
<!--
自分が話せそうなテーマをテーマごとに列挙する

- 例) アクセシビリティ
    - ダークテーマとアクセシビリティの融合したカラートークンの設計
    - 小さく始めるQiitaでのアクセシビリティの取り組み
    - ...
-->

この中で、以下の観点から、これらをすこし厳しめに評価してください。
もしこの中でめぼしいテーマがなければ、聞いている人が興味みの出るようなテーマを10個提案してくだい。

- イベントのテーマに沿った内容になっているか
- 聞いている人が興味の出る内容になっているか

また、評価・提案する中で、わからないこと・知りたいことがあれば、聞いてください。

発表原稿を作る

発表内容が決まったら、次は原稿を作っていきます。

原稿を作る時に気をつけているのは、以下の2点です。

  • 論理的でわかりやすい説明になっているか?
  • 発表時間を有効に活用できているか?

発表原稿を作る時にChatGPT-4oは以下のタイミングで使います。
  • 続きの文を提案してほしい時
  • 言い回しが微妙でしっくりこない時
  • 発表原稿を評価・校正してほしい時
<!-- 続きの文を提案してほしい時 -->
以下の文に続く文章を口語の文で考えてください。

<!-- 考えた台本の途中 -->
<!-- 言い回しが微妙でしっくりこない時 --><!-- しっくりこない文 -->」の言い換えを考えて、10個提案してください
<!-- 発表原稿を評価・校正してほしい時 -->

以下の発表原稿を少し厳しめに評価し、原稿を口語の文で校正し、変更差分をわかりやすく提案してくだい。

<!-- 考えた台本 -->

発表練習をする ①

発表原稿ができたら2~3回練習し、以下の点を確認します。

  • 発表が時間内に収まるのか
  • 言い回しに違和感がないか

スライドを作る

ここまできたら、ようやくスライドをFigmaで作っていきます。

まずは、発表原稿のテキストをそのままスライドにコピーする形で、必要なスライドを決めます。

イメージは以下の通りです。
テキストだけのスライドが複数枚並んでいる。

その後、スライドをデザインしていきます。
デザインしていく中で、必要な画像や画像で表しにくい表現などをChatGPT-4oで生成してもらいます。

<!-- 画像や画像で表しにくい表現を画像で表現してほしい時 -->
〇〇のイメージをシンプルなイラストで表現してください

発表練習をする ②

スライドができたら、スライドを見ながら、練習していきます。

この時は、できるだけ本番に近い状態を再現して、練習します。

資料を公開する

基本的に作った資料は、Speaker Deckにて公開します!

発表

発表をします。

聞いている人の反応を見つつ、発表します。

まとめ

この記事では、「ChatGPT-4o を使って、登壇資料・スライドを作る」やり方をまとめました。
登壇される方の参考になればと思います。


最後まで読んでくださってありがとうございます!

普段はデザインやフロントエンドを中心にQiitaで記事を投稿しているので、ぜひQiitaのフォローとX(Twitter)のフォローをお願いします。

10
8
0

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
10
8