Help us understand the problem. What is going on with this article?

RaspbianのSSH有効化、ユーザ作成

More than 1 year has passed since last update.

RaspberryPi3のRaspbianを再セットアップした。
ユーザ作成やSSHの有効化を覚えられないため、メモとして残す。

行った作業は次の通り。

  • Raspbianの再インストール
  • sshの有効化
  • ユーザの作成
  • piユーザの削除
  • シェルの変更
  • SSHの接続方法をパスワードから鍵方式に変更

なお、環境は次の通り。

  • 作業クライアント:Chromebook
  • Raspbianのバージョン:9.4(stretch)

Raspbianのバージョン確認方法

cat /etc/debian_version

Raspbianの再インストール

起動時にShiftを押して、インストールメニューを表示する。
Raspbianを選択し、インストールする。

インストールが完了すると、無線LANの接続設定が残っていて、そのままネットワークに接続された。

sshの有効化

2018/12/4 追記
プルダウンメニューから[設定]→[Raspberry Piの設定]にある[インターフェイス]にて設定できる。

/boot以下にsshファイルかフォルダがあれば、sshが有効になる。

cd /boot
mkdir ssh

ユーザ作成、piユーザの削除

ユーザ作成、パスワードの設定

sudo /usr/sbin/useradd --groups sudo -m 任意のユーザID
sudo passwd 任意のユーザID

ルートパスワードの変更

sudo passwd root

piユーザの削除

userdel -r pi

シェル表示の変更

標準のシェルをbashに変更する。

sudo chsh ユーザ名

(2018/12/4 追記)
プルダウンメニューから[設定]→[Raspberry Piの設定]にある[インターフェイス]で設定できる。

/ect/skel/にデフォルトの設定があるため、このファイルをhomeにコピーする。

cp -r /etc/skel/ ~/

SSHの認証をパスフレーズから鍵認証に変更

キーフレーズの生成

Chromebookでは開発モードに変更しないと、キーを生成できないため、Raspberry piで鍵を生成する。

ssh-keygen

公開鍵を認証済みのリストに登録し、アクセス権を変更する。

cat ~/.ssh/id_rsa.pub >> ~/.ssh/authorized_keys
chmod 700 ~/.ssh
chmod 600 ~/.ssh/authorized_keys

クライアントに鍵を設定

SFTPなどを使って、ローカルに公開鍵と秘密鍵の両方をコピーする。
sshクライアントに公開鍵と秘密鍵を設定する。

Raspberry Piのパスワード認証をオフにする。

viでsshの設定ファイルを編集する。

sudo vi /etc/ssh/sshd_config

次の設定をyesからnoに変更する。

PasswordAuthentication 

viの使い方メモ

  • i 挿入モード
  • R 上書きモード
  • :w 保存
  • :q 終了

困ったらESCを押すか、日本語入力モードを確認する。

sshの再起動をする。

sudo systemctl restart ssh

以上。

deco1183
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした