Edited at

Tech-Circle HoloLensハンズオン 音声対話をしてみよう!(事前準備編)

More than 1 year has passed since last update.


環境

OS:Windows 10

Unity:5.6.1か5.6.2(推奨)

Visial Studio:Visial Studio Community 2017

gitがインストールされていること

HoloLensの環境がまだできていない方は下記の手順を参考にしてください。

https://www.slideshare.net/kaorun55/hololens-79529893


プロジェクト作成前の事前準備


プロジェクトのクローン

https://github.com/decchi/OrenoYome_Hands_On

からクローンしてください。


oculus-lipsync-unityのダウンロード

https://developer.oculus.com/downloads/package/oculus-lipsync-unity

からovr_audio_lipsync_unity_1.16.0をダウンロードします。

ダウンロード後展開し、ovr_audio_lipsync_unity_1.16.0\LipSync\UnityPlugin

にあるOVRLipSync.unitypackageをわかりやすい場所においておいてください。


HoloToolkit-Unity-v1.5.8のダウンロード

https://github.com/Microsoft/HoloToolkit-Unity/releases/tag/v1.5.8.0

からHoloToolkit-Unity-v1.5.8.0.unitypackageをダウンロードし、

わかりやすい場所においておいてください。

2017を使う人は対応するunitypackageをダウンロードしてください。


Unityちゃんのダウンロード

Unityちゃんのパッケージ(ver.1.2)を下記リンクからダウンロードし、

わかりやすい場所においておいてください。

http://unity-chan.com/download/releaseNote.php?id=UnityChan


Unityプロジェクト事前準備


Unityを起動し、OrenoYome_Hands_Onプロジェクトを開く

先ほどダウンロード/クローンしたOrenoYome_Hands_OnのプロジェクトをUnity Editorで開きます。

※最初はエラーがでますが、気にしない。


HoloToolkit-Unityのインポート

先ほどダウンロードしておいたHoloToolkit-Unity-v1.5.8.0.unitypackageをプロジェクトにインポートします。


oculus-lipsync-unityのインポート

先ほどダウンロードしておいたOVRLipSync.unitypackageをプロジェクトにインポートします。

その際、Plugins/x86_64をインポート対象から外しておきます。(下図参照)

ダイアログとかでても問題ないので、そのままインポートしてください。

image.png


Unityちゃんのインポート

先ほどダウンロードしておいたUnityChan_1_2.unitypackageをプロジェクトにインポートします。

その際、Scriptsをインポート対象から外しておきます。(下図参照)

image.png


HoloLens用のプロジェクト設定

エディタのHoloToolKit→ConfigureでHoloLens用のプロジェクト設定を行う。

下記の3つの設定についてすべてチェックを入れ、適用する。(Project Settingではエディタの再起動要)

image.png


事前準備完了

Assets/OrenoyomeにあるOrenoYomeProject.sceneを開いて保存してください。

HierarchyウィンドウとProjectウィンドウが下図と同じになっていればOKです。

お疲れさまでした。

image.png


ハンズオンの資料

ハンズオンの資料はこちらです。

https://www.slideshare.net/MasahiroIde/hololens-80521364