Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
8
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 3 years have passed since last update.

@decchi

Tech-Circle HoloLensハンズオン 音声対話をしてみよう!(事前準備編)

環境

OS:Windows 10
Unity:5.6.1か5.6.2(推奨)
Visial Studio:Visial Studio Community 2017
gitがインストールされていること

HoloLensの環境がまだできていない方は下記の手順を参考にしてください。
https://www.slideshare.net/kaorun55/hololens-79529893

プロジェクト作成前の事前準備

プロジェクトのクローン

https://github.com/decchi/OrenoYome_Hands_On
からクローンしてください。

oculus-lipsync-unityのダウンロード

https://developer.oculus.com/downloads/package/oculus-lipsync-unity
からovr_audio_lipsync_unity_1.16.0をダウンロードします。
ダウンロード後展開し、ovr_audio_lipsync_unity_1.16.0\LipSync\UnityPlugin
にあるOVRLipSync.unitypackageをわかりやすい場所においておいてください。

HoloToolkit-Unity-v1.5.8のダウンロード

https://github.com/Microsoft/HoloToolkit-Unity/releases/tag/v1.5.8.0
からHoloToolkit-Unity-v1.5.8.0.unitypackageをダウンロードし、
わかりやすい場所においておいてください。
2017を使う人は対応するunitypackageをダウンロードしてください。

Unityちゃんのダウンロード

Unityちゃんのパッケージ(ver.1.2)を下記リンクからダウンロードし、
わかりやすい場所においておいてください。
http://unity-chan.com/download/releaseNote.php?id=UnityChan

Unityプロジェクト事前準備

Unityを起動し、OrenoYome_Hands_Onプロジェクトを開く

先ほどダウンロード/クローンしたOrenoYome_Hands_OnのプロジェクトをUnity Editorで開きます。
※最初はエラーがでますが、気にしない。

HoloToolkit-Unityのインポート

先ほどダウンロードしておいたHoloToolkit-Unity-v1.5.8.0.unitypackageをプロジェクトにインポートします。

oculus-lipsync-unityのインポート

先ほどダウンロードしておいたOVRLipSync.unitypackageをプロジェクトにインポートします。
その際、Plugins/x86_64をインポート対象から外しておきます。(下図参照)
ダイアログとかでても問題ないので、そのままインポートしてください。
image.png

Unityちゃんのインポート

先ほどダウンロードしておいたUnityChan_1_2.unitypackageをプロジェクトにインポートします。
その際、Scriptsをインポート対象から外しておきます。(下図参照)
image.png

HoloLens用のプロジェクト設定

エディタのHoloToolKit→ConfigureでHoloLens用のプロジェクト設定を行う。
下記の3つの設定についてすべてチェックを入れ、適用する。(Project Settingではエディタの再起動要)

image.png

事前準備完了

Assets/OrenoyomeにあるOrenoYomeProject.sceneを開いて保存してください。
HierarchyウィンドウとProjectウィンドウが下図と同じになっていればOKです。
お疲れさまでした。
image.png

ハンズオンの資料

ハンズオンの資料はこちらです。
https://www.slideshare.net/MasahiroIde/hololens-80521364

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
8
Help us understand the problem. What are the problem?