Help us understand the problem. What is going on with this article?

Node.jsよりODBCでOracle, Salesforceなどに1ドライバで接続

はじめに

Node.jsアプリケーションからODBCでSQL Server、Oracle、DB2、Postgres、MongoDBなどのDBや、Salesforce、Eloqua、Oracle Sales Cloud、Oracle Service CloudなどのSaaSアプリケーションに接続する必要性があるならば、DataDirect ODBCドライバを利用すると楽勝です。

この記事では、DataDirect ODBC ドライバを使用して Node.js から Oracle データベースに接続してみます。

事前準備

Node.js

DataDirect Oracle ODBC ドライバのダウンロード&インストール

1,ここからOracleデータベース用の64ビットODBCドライバをダウンロードします。

2,パッケージを展開し、インストーラーを実行してODBCドライバをインストールします。

3,ODBC Administrator(64ビット)を開き、新しいデータソースを追加するには、[追加]をクリックします。

image.png

4,ドライバに「DataDirect 8.0 Oracle Wire Protocol」を選択します。

image.png

5,ここで、ホスト名、ポート、SID/サービス名などの接続情報を入力し、Test Connectをクリックして接続の詳細を確認します。

image.png

Node.js ODBC パッケージのインストール

1,Node.jsでODBCドライバを使用するために、node-odbcパッケージをインストールします。

2,以下を実行し、パッケージをインストールします。

npm i odbc

Node.jsよりOralceに接続

1,以下はDataDirect ODBC ドライバを使用してOracle に接続し、テーブルにクエリを実行するサンプル コードです。

var db = require('odbc')()
    , cn = "Dsn=Oracle;UID=saikrishnabobba;PWD=<password>;"
//open the connection
db.open(cn, function (err) {
    if (err) {
      return console.log(err);
    }
// Run a sample query
     db.query("select * from COUNTRIES", function (err, rows, moreResultSets) {

      if (err) {
        return console.log(err);
      }

      console.log(rows);
     });
  });

2,DSN、ユーザー名、パスワード、クエリを要件に応じて変更してください。上記のコードを実行すると、テーブルのデータをコンソールに出力します。

簡単ですね!
他のRBD、SaaS、NoSQLも手順は同様です。適切なデータソース用の DataDirect ODBC ドライバで、お好みのデータソースに接続できます。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away