Python3系 + Visual StudioでKivyの開発環境(Windows)を作成する

  • 3
    Like
  • 0
    Comment

2017年8月更新

最新のKivy1.10でインストール方法が変わりました。

基本は公式サイトのインストール方法でインストール出来ます
https://kivy.org/docs/installation/installation-windows.html

翻訳してます
https://pyky.github.io/kivy-doc-ja/installation/installation-windows.html

管理権限でコマンドプロンプトを立ち上げます。
pipとwheelを最新版にバージョンアップします。
python -m pip install --upgrade pip wheel setuptools

各種ライブラリのインストール
python -m pip install docutils pygments pypiwin32 kivy.deps.sdl2 kivy.deps.glew
python -m pip install kivy.deps.gstreamer

ANGLE(OpenGl ESのDirectX実装)のインストール
python -m pip install kivy.deps.angle

kivy本体のインストール
python -m pip install kivy

サンプルコードをインストールします。
python -m pip install kivy_examples

上で上手くいかない場合があります。
多分Python3.5以上でKivy本体をインストールしようとすると、以下のエラーが出るかと思います。

kivy\include\gl_redirect.h(37): fatal error C1083: include ファイルを開けません。'GL/glew.h':No such file or directory`

これは、Kivyは描画にOpenGL ESを使用していて、Python3.5以上はglewとVisual Studio2015を入れればインストールできます。

やり方は以下の通り。
①Visual Studio 2015 commnityのインストール※2017でももしかしたら大丈夫かもしれないですが未検証です
②以下からglewの最新のバイナリをとってくる、
 http://glew.sourceforge.net/ 
③「C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 14.0\VC」配下にバイナリを配置する
※バイナリのzipを展開するとlibとかは32bit用と64bit用が出てきましたがとりあえず32bitをコピーしてみてください。

この状態で再度Pipでkivyをインストールする
python -m pip install kivy

たぶんこれで上手くいくかと思います。
ただ、Visual studioを一からダウンロードしてインストールするとかなり時間がかかります。

そんなに時間をかけたくない、上のやり方がよくわからない、インストール時に他のエラーが出た場合は
非公式パッケージをダウンロードしてインストールしてください。

(kivy)Christoph Gohlke's package collection.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー―――

※2016年7月現在のインストール方法になります。

Kivyが1.9.1にバージョンアップされアップデートの方法が変わりました。

Windowsでのインストール方法についての説明です。
KivyではPython3系の推奨は3.4ですが、実は3.5でもインストールして動かすことはできます。ただし一部の機能(ffmpgを使った動画再生等)は実行できません。

検証環境

Visual Studio Community 2013
Kivy1.9 
Windows10 x64

Python3系(3.4)の32bitでのインストール方法

基本は公式サイトのインストール方法でインストール出来ます
https://kivy.org/docs/installation/installation-windows.html

管理権限でコマンドプロンプトを立ち上げます。
pipとwheelを最新版にバージョンアップします。
python -m pip install --upgrade pip wheel setuptools

各種ライブラリのインストール
python -m pip install docutils pygments pypiwin32 kivy.deps.sdl2 kivy.deps.glew

python -m pip install kivy.deps.gstreamer --extra-index-url https://kivy.org/downloads/packages/simple/
Install kivy:

kivy本体のインストール
python -m pip install kivy

以上で完了です。未検証ですがPython2系も以上のやり方でインストールできるかと思います

Python3系(3.4 or 3.5 )とPython3系(3.5 )32bitとのインストール方法

64bitの場合、各種ライブラリのインストールでエラーになります。おそらく64bit対応していないライブラリーをインストールしようとしているためかと思います。

そこでコンパイル済みのwhlを使用してインストールします。
カリフォルニア大学アーバイン校のLaboratory for Fluorescence DynamicsのChristoph Gohlkeさんが作成しているwhlをダウンロードして使用します。

(kivy)Christoph Gohlke's package collection.

サイトの先頭でアンオフィシャルと書かれていますが、MicrosoftのPTVSのドキュメントでも紹介されています。
参考:Python Tools for Visual Studio Installation

サイトに移動後、該当のバージョンの
whlをダウンロードします。今回はPython3.5(64bit)を使用しますので、以下のwhlをダウンロードします。
Kivy-1.9.1+sdl2-cp35-none-win_amd64.whl

pipでwhlを指定します。
`python -m pip install Kivy-1.9.1+sdl2-cp35-none-win_amd64.whl

以上の内容で実行するとインストールできます。

実行方法

ファイルをvisual studio上で新規に作成します.
kivyの本家のサイトにも紹介してある、以下のコードを実行し、実行できればインストールは完了しています。

test.py
from kivy.app import App
from kivy.uix.button import Button

class TestApp(App):
    def build(self):
        return Button(text='Hello World')

TestApp().run()

参考(Windows以外のインストール方法について)

Windows以外のインストール方法については以下の記事が参考になります。

参考:PythonのマルチプラットフォームGUIライブラリkivyを使ってMac, Ubuntu, iOS用のGUIアプリを作る方法

Kivyについてよく知るために

Kivyの公式マニュアルの翻訳を行っています。

公開サイト:https://pyky.github.io/kivy-doc-ja/
翻訳ファイルの置き場Github:https://github.com/pyKy/kivy-doc-ja

参考(過去バージョンのパッケージについて)

ページはないですが、以下のフォルダ配下に各バージョンのパッケージがあります。
古いパッケージが必要な場合はここから探してみてください。

https://kivy.org/downloads/