Edited at

Debian/Ubuntuにnodejsとyarnをinstall

More than 1 year has passed since last update.


背景

一次資料にあたれ、で終わる話であって本来こんな記事は不要ですが、

ubuntu install nodejs npmみたいに検索すると上位のQiitaやblog記事のほとんどが古い手順だったため、あえて書き残します。


手順

公式サイトの手順に従うことが近道です(当たり前)。


nodejs

https://nodejs.org/ja/download/package-manager/#debian-and-ubuntu-based-linux-distributions-debian-ubuntu-linux

$curl -sL https://deb.nodesource.com/setup_6.x | sudo -E bash -

$sudo apt-get install -y nodejs

上記で6系が入ります。

6系にしたのは現在LTS(Long-term Support)のversionだからです。

https://github.com/nodejs/LTS

最近ではTLS/https周りで初のRegressionが起こり、LTSの対応リリースがなされました。

https://github.com/nodejs/LTS/issues/193

まもなく8系がLTSになるので、その時上記も古い手順となります。

おそらくsetup_8.xに変えれば動くでしょうが、必ずQiitaやStack Overflowに頼らず公式ページを確認ください。


yarn

https://yarnpkg.com/lang/en/docs/install/#linux-tab

$curl -sS https://dl.yarnpkg.com/debian/pubkey.gpg | sudo apt-key add -

$echo "deb https://dl.yarnpkg.com/debian/ stable main" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/yarn.list
$sudo apt-get update && sudo apt-get install yarn


解説

どちらの手順でも、apt-get前にしていることはpkg取得先mirrorの登録作業(URLと鍵の登録)です。

$less /etc/apt/sources.list

(defaultのmirrorが記載)
$ls /etc/apt/sources.list.d/
nodesource.list yarn.list
$cat /etc/apt/sources.list.d/nodesource.list
deb https://deb.nodesource.com/node_6.x trusty main
deb-src https://deb.nodesource.com/node_6.x trusty main

ちなみに自分が初めて触ったUbuntuは、会社が独自にカスタマイズしたイメージで作られたものだったので、

sources.listの中が全部会社ドメインのmirrorでした。

当然置いてあるパッケージのバージョンも古く、

sudo apt-get nodejs npmではEOLバージョンのnodejsが、npmに関してはE: Unable to locate package npmと管理さえされてませんでしたorz