Posted at

Swiftの名前空間は暗黙的、アクセス制限修飾子は将来追加されるかも

More than 5 years have passed since last update.


名前空間


「Swiftにおいて名前空間は暗黙のうちに提供される。すべてのクラスはそのモジュール (Xcode上のターゲット)によって暗黙のうちにスコープが制限される。クラスプレフィックスはもはや不要」

原文: Namespacing is implicit in swift, all classes (etc) are implicitly scoped by the module (Xcode target) they are in. no class prefixes needed

https://twitter.com/clattner_llvm/status/474730716941385729 (Swiftの作者 Chris Lattnerのツイート)



アクセス制限修飾子 (public, private, etc..)

現状public, privateなどの予約語は存在しない、しかし


Apple Developer ForumsでAppleのエンジニア曰く

「将来の約束は一般的にしてないんだけど、今回は例外。Swiftにはアクセス制限のための仕組みを追加予定です」とのこと

原文: "We don't usually promise anything for the future, but in this case we are making an exception. Swift will have access control mechanisms."

情報元: http://stackoverflow.com/questions/24003918/does-swift-have-access-modifiers