ソースコードリーディング
タイピング

タイピングを利用したソースコードリーディングの方法

タイピングを利用したソースコードリーディング

昔は、北斗の拳のタイピングソフトでタイピングを覚えました。最近、ソースコードを読んでて思うことが、結構ソースコードだけ読んでいくのが精神的に辛いなということなんですよね。
ソースコードを読むことを習慣にしようとするんですが、なかなか続かないということなんですよね。
2ちゃんねるに「最初は眺めている感じでいい、毎日読むこと」と書いてあっても、なかなか続かない。
ということで、いろいろ探していると、typing.ioというサイトを見つけたんですが、このサイトが、詳細は省きますが、微妙に使えないんですよね。しばらくメンテナンスがされていないようです。
ということで、代替のものを探したんですよね。以下のものを見つけました。

https://github.com/shadowfacts/type

これは以下のウェブサイトにアクセスして、

https://type.shadowfacts.net

「owner/repo」と書いてあるところに、まずは、

https://github.com/shadowfacts/type 

このサイトのソースコードだったら、

shadowfacts/type

と入力するんですよね。
それから、「path/to/file.js」というボックスが出てくるので、ファイルパス、例えば

js/type.js

みたいなものを入力するわけです。
そしたらソースコードを写経開始です。タイピングしていけば、どんどんシンタックスハイライトで塗りつぶされていきます。
個人的にやってみて思ったことが、どんどん塗りつぶされていくので、なんだか達成感があるのと、なんか、ソースコードを理解するのがたやすくなった感じがします。
これが果たして、ソースコードをそのまま読んでいくより学習効果が上がるのか、それはちょっとわかりません。プログラミングの学習効果の測定は容易じゃないです。
でも、ソースコードをタイピングしていくことは全然苦行じゃないので、なんか他のことに疲れたら、気分転換にやってみてもいいのではないでしょうか?

スクリーンショット 2017-11-25 15.31.19.png