0
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 3 years have passed since last update.

posted at

updated at

Java開発の基礎知識 メモ書き

開発の流れ

javaの開発は、
①ソースコードの作成、②コンパイル、③実行の3ステップで行います。
それぞれのスッテプを詳しく追っていく。

①ソースコードの作成

Javaが定める文法に従いコンピュータへの命令を記述していく。

public class Lesson {
    public static void main(String[] args) {
    }
}

のように記述し、人が読める状態のプログラムをソースコード(source code)、ソースという。

②コンパイル
コンピュータは、CPUがプログラミングを解釈しながら指示どおりに動く。しかし、CPUは人が書いたソースコードを直接読んで動くことはできない。CPUが解釈できるようにマシーン言語と呼ばれるプログラムに変換する必要がある。その変換する処理がコンパイルである。コンパイルすることにより、バイトコードという状態に変換する。この処理の際に、ソースコードの確認も行われ、誤りがあればコンパイルは失敗し、誤りの箇所が表示される。この処理はコンパイラと呼ばれる変換ソフトウェアが行う。

③実行
コンパイルが無事完了したら、インタプリタと呼ばれるソフトウェアに対してバイトコードの実行を指示する。インタプリタはJVM(Java Virtual Machine)という仕組みを内部に持っており、バイトコードを読み込みながら、それをマシーン言語に変換してCPUに送る。これにより、コンピュータはソースコードの指示した通りに動作する。

参考文献

「スッキリわかるJava入門]第二版
著者:中山清喬 と国本大悟 発行所:株式会社インプレス

eclipseでの開発の手順は下記リンクを参考して下さい
https://www.javadrive.jp/eclipse3/step/

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
0
Help us understand the problem. What are the problem?