前回

前回の投稿では、アーキテクチャパターンを考え、ディレクトリ構成を決めました。
実装に入る前にまずは、環境を作っていきましょう!

開発環境を作ろう

おっとその前に、筆者の環境

筆者の環境は, 以下です。
エディターは個人の好きなものでよいでしょう。
以降については、筆者環境で進めます。

分類 項目
OS macOS High Sierra
エディタ Visual Studio Code

さあ、作ろう

git のインストール

git のインストールは割愛します。

nodebrew のインストール

Node.jsのインストールにはこちらのバージョン管理ツールを使用します。
nodebrew

インストール
$ curl -L git.io/nodebrew | perl - setup
pathを追加
$ export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH

$ source ~/.bashrc
動作確認
$ nodebrew help

Node.js のインストール

AWS Lambda Lambda 実行環境と利用できるライブラリ

AWS Lambda では以下のバージョンがサポートされています。

  • Node.js – v4.3.2 および 6.10.3

ここでは、 6.10.3 をインストールします。

インストールの前に、保存先作成
$ mkdir -p ~/.nodebrew/src
インストール
$ nodebrew install-binary v6.10.3
使用するバージョンに切替(初回なので、一個しかないですが)
$ nodebrew use v6.10.3
カレントバージョン確認
$ nodebrew ls
v6.10.3

current: v6.10.3

この時点でnpmもインストールされるはずです。

npm確認
$ npm -v

ASK CLIのインストール

Quick Start Alexa Skills Kit Command Line Interface (ASK CLI)
ついでにASK CLIも入れちゃいます。

インストール
$ npm install -g ask-cli

Visual Studio Code 利用者のみ

便利な拡張機能達をインストールします。

拡張機能パック Node.js Extension Pack
TypeScript リンター TSLint

以上!
・・・ちょっと不安、気づいたら修正します。

まとめ

この投稿では、開発に必要なアイテム達をインストールしました。
次回は、いよいよ実装です!
早くコード書きたいな。

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.