Help us understand the problem. What is going on with this article?

Git,GitHubを使おう

まずは前置き。これは自分への自戒でもある。

ろくにコード管理をしてこなかったのを今更ながらまぁまぁ後悔しています。 gitやってなかった自分への戒めも込めて残しておこうと思います。

事前にやっておくこと(その1)

偉大なる先人たちがいらっしゃるため、以下2点は割愛致しまする。
(リンクは貼っておきますので参照ください。)

Gitのインストール
 → ターミナルはGitBushを使用します。

githubアカウントの所持
→ まぁ、そりゃやってありますよね。。

事前にやっておくこと(その2)

これは自分のやり方残しておこうと思います。

|gitへの登録作業

1.ユーザー名(githubでのユーザー名)
git config —global user.name “****”

2.email(githubでのemailアドレス)

git config —global user.email “****”

3.エディタの登録作業(ここではvscodeを指定)

git config —global core.editor “code —wait”

と入力

ローカルレポジトリを作成する

1.GitBushを起動後、git管理するディレクトリまで移動

2.コマンド「git init」を入力

git init

3.コマンド「git add ***」を入力。
(***の部分にはファイル名やフォルダ名などを入力する。以下のコマンドは管理するフォルダ内、全てを対象にする。)

git add .
もしくは
git add hoge.txt

4.隠しフォルダとして”.git”が同一階層に作成されていることを確認

コミットする

1.コマンド「git commit」を入力する。

2.エディタが開くので変更内容を入力する。

3.入力が終わったらエディタを保存して閉じる。

4.コマンド「git status」を入力して、「nothing to commit~」的な内容が返ってくればコミットは無事終了です。

git commit
(エディタが開きます)

git commit -m "Hello Github"

リモートレポジトリを作成する

1.githubページへ移動、ログインする。

2.「New repository」を選択する。

3.必要項目を入力。最後に「Create repository」を押すと新規作成されます。※repositorynameとプライベートorパブリックを選択すればあとは好きに選んでください。

4.画像のような状態になったら[HTTPS]を選択して、右側のコピーアイコンを押す。

2020-02-13 (1).png

さぁ、もうちょっと

ローカルリポジトリの編集内容をリモートリポジトリへプッシュする

一度、git statusでcommitされているか確認

On branch master
nothing to commit, working tree clean

これが返ってくれば大丈夫です。
では、いよいよpushします。

git remote add orijin <githubでコピーしたやつ貼り付け>

git remote 
<add時のリモートリポジトリ名が返ってくる>

git push -u origin master
 * [new branch]      master -> master
 ↑こんな内容が返ってくればOK

Githubのリモートレポジトリで確認

確認できたでしょうか?
ひとまずはここまでで終了です。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした