Edited at

ESXiでゲストOSが起動しないときの対処方法

More than 1 year has passed since last update.


前置き

Arch Linux導入中にゲストOSが起動しなくなった時に実施した対処方法を記載しています。

実施した際の環境は以下の通りです。

VMware Workstation 14 Player上にESXi6.5をネステッド環境として構築しています。

ゲストOSとしてArch Linuxをインストール。

Arch Linuxは2018.07.01版を使用しました。


現象

ゲストOS起動時に以下のような画面が表示される。

ブートローダーが認識されていない為、ESXiのブートメニューが出ている状態。

image.png


原因

EFIシステムパーティションで/bootを作成しているにもかかわらず、起動設定をBIOSブートにしていたことが原因でした。


対応

ゲストOSの設定を編集する。

設定の編集-仮想マシンオプション-起動オプション-ファームウェアの「仮想マシンの起動に使用するファームウェアを選択」で「EFI」に変更する。

image.png

設定を保存後、ゲストOSを起動する。

無事、ブートローダーが認識できるようになりました。

image.png

普段、CentOSなどのウィザードでOSを構築していると考慮から漏れやすい観点ですので、参考にして頂ければ幸いです。

以上