Linux
CentOS
centos7
Linux基本
VMware_ESXi

ESXiを使ったCentOSのインストール方法

前書き

この記事ではESXiにゲストOSとしてCentOSを導入する手順を記載しています。

実施環境は以下のとおりです。
VMware Workstation 14 Player上にESXi6.5を立てる、
いわゆるネステッド環境にゲストOSとしてCentOSをインストールしています。
CentOSの導入にはCentOS-7-x86_64-DVD-1804.iso を使用しました。

ISOイメージのダウンロードはこちらから実施しました。

インストール手順

全体の流れは以下のとおりです。
0.前準備
1.ISOイメージをマウントする
2.ゲストOSを起動する
3.インストールウィザードで設定する
4.セットアップしたOSを起動する

0.前準備

まず、ダウンロードしたISOイメージをESXi上のデータストアにアップロードします。
左のナビゲータよりストレージを選択。
メイン画面上の「データストアブラウザ」を押下します。
image.png

データストアブラウザ画面でアップロードを選択。任意のフォルダに先ほどダウンロードしたISOイメージをアップロードします。
image.png

次にOSをインストールする為の箱を用意します。
左のナビゲータより仮想マシンを選択。
メイン画面の上の「仮想マシンの作成/登録」で仮想マシン作成ウィザードをスタートさせます。
image.png

ウィザードに従って、新規仮想マシンの作成/登録を行います。
image.png

名前とゲストOSの選択を行います。今回はCentOS7.4を導入する為、ゲストOSファミリに「Linux」、ゲストOSのバージョンに「CentOS7(64ビット)」を選択します。
image.png

ストレージの選択でゲストOSを格納するストレージを選択します。
image.png

設定のカスタマイズ画面では、用途に応じてメモリ容量やハードディスクサイズを修正してください。
稼働させるだけであれば、デフォルトで問題ないです。
image.png

設定の確認を行い、問題無ければ完了ボタンを押下してください。
image.png

これで前準備は完了です。

1.ISOイメージをマウントする

まずは、ISOイメージをゲストOSのDVDドライブにマウントします。
左のナビゲータより仮想マシンを選択。
メイン画面の上の編集ボタンを押下。
image.png

設定の編集画面のCD/DVDドライブ1でデータストアISOファイルを選択。
image.png

先ほどアップロードしたISOファイルを選択します。
image.png

設定の編集画面を保存ボタンで抜けます。
image.png

2.ゲストOSを起動する

再生ボタン(△)のある画面を押下すると、コンソール画面が表示された上でゲストOSが起動します。
ゲストOSは「パワーオン」を押下しても起動するので、その後にコンソール画面を起動しても問題ありません。

image.png

起動画面が表示されるので「Install CentOS 7」を選択します。
image.png

しばらく待つとインストールウィザード画面が表示されます。

3.インストールウィザードで設定する

インストールウィザード画面が表示されたら、各種設定を行っていきます。
まずは言語の選択。ここでは「日本語」を選択します。
image.png

次にインストールの概要画面です。
まずは「ネットワークとホスト名」を選択。
image.png

右上のスイッチを「オン」に変更。
左下のホスト名に任意の名前を入力し、完了ボタンを押下。
image.png

次に日付と時刻の設定です。
「日付と時刻」を選択して表示される画面で、右上の「ネットワーク時刻」を「オン」に変更して完了ボタンを押下。これで時刻同期先が設定されます。
image.png

最後にインストール先の設定です。
「インストールソース」を選択して表示される画面でインストール先や構成を変更できます。
変更が必要な場合は「パーティションを自分で構成する」のラジオボタンにチェックを入れてから完了ボタンを押下します。
変更が不要な場合は「パーティションを自動構成する」のラジオボタンにチェックを入れて完了ボタンを押下します。
image.png

「パーティションを自分で構成する」を選択した場合は、手動パーティション設定画面になります。
シビアに設定する必要が無ければ「ここをクリックして自動的に作成します」でパーティションサイズを自動調整した上で「/(ルート)」などの変更したいパーティションのみを調整するとやりやすいと思います。
image.png

今回は「/(ルート)」のサイズを10GiBにしてみました。完了ボタンを押下します。
image.png

作成するにあたって自動実行される作業内容が表示されるので、問題が無ければ「変更を許可する」を押下します。
image.png

設定が完了したら、「インストールの開始」ボタンを押下します。
image.png

設定した内容に従い、インストールが実施されます。
インストールを待つ間にROOTのパスワードを設定します。
「ROOTパスワード」を押下します。
image.png

任意のパスワードを設定します。
複雑なパスワード設定が望ましいですが、図のように脆弱なパスワードを設定した場合も「完了」を二回押下すれば設定できます。
image.png

これで設定作業は完了。あとはインストールが完了するのを待つだけです。
image.png

4.セットアップしたOSを起動する

インストールが完了。左下の再起動ボタンを押下します。
image.png

しばらく待つとログイン画面が表示されます。
ここで先ほど設定したID(root)とパスワードを入力します。
image.png

ログインできれば作業は完了です。おつかれさまでした。
image.png

終わりに

今回は起動するのに最低限必要と思われる設定のみ説明しています。
他にも色々とカスタマイズできますので、慣れてきたら色々と試してみて頂けると嬉しいです。

以上