Posted at

GANで文章の生成(Controllable Text Generation - Arxiv.orgより)

More than 1 year has passed since last update.

(勉強会より:論文読みレポート)

"人工知能に適当に会話させたいのだけど、言語の生成ってどのレベルまでできるの?"というのは、リアルな開発現場でもお客様が良くする質問です。

Screen Shot 2017-03-12 at 10.49.12 PM.png

上記が米カーネギーメロン大学の先週の研究論文ですが、

コーパス(Web上の文章を巡回取得したデータベース)をGAN(生成のニューラルネットワーク)にかけて学習させた事例です。

"Controllable Text Generation"

https://arxiv.org/abs/1703.00955

途中の数式は読み飛ばした部分もあるので恐縮ですが、

アウトプットだけ見ると;

I will regret it (私は後悔するだろう=ネガティブ表現)



I will enjoy it(私は楽しむだろう=ポジティブ表現)

に自動言い換えできるレベルにはなって来ている事がわかります。

これは、画像生成で言うところの;

サングラスをかけていない顔画像



サングラスをかけている顔画像

に変換している作業に近いものがあります。

ベースデータがあり、数式に表せる様な加工フィルターがあると、目的に近いアウトプットが出せる様になって来ています。

Controllableというタイトルになっている部分もミソで、

現状自由に言語生成のアウトプットを出すと、

Microsoftのりんなちゃんの様にややシュールな不思議系会話になるので、

それを如何に実用レベルの安定管理できる技術に発展させるかが、研究領域で課題になっています。

GANは非常に熱い分野だけに、今後様々なバリエーションのデータ生成ができてくると、産業の各領域で生産性が上がるため、注目すべき技術だと思います。