Help us understand the problem. What is going on with this article?

[AWS Cloud9]でのプロジェクトDownloadと、新プロジェクトへの復元方法

みなさんこんにちは
ジーズアカデミー 主席講師 山崎ですm(_ _)m
今回はAWS+Cloud9でのプロジェクト「エクスポート(バックアップ)」と「インポート(復元)」についてMemoしておきます。

AWS Cloud9

プロジェクトのバックアップ(ダウンロード)と復元方法をメモりました。

前提条件

  • Cloud9で作成したプロジェクト名は「cms」で作っていたので解凍後のフォルダ名で「cms」と出てきます。ご了承ください。

バックアップ圧縮

1.[file] -> [Download Project]

image.png

2.ダウンロードして保管しておきましょう!

バックアップ復元

1.「プロジェクト名(フォルダ)を選択

[image.png]()
image.png

2.[File] -> [Upload Local Files...] の順に選択

image.png

3.ダウンロードしてある 「 ****.tar.gz 」 をアップロード(ドロップすると自動でアップロードされます)

image.png

4. 「 ****.tar.gz 」 がアップロードされてることを確認

image.png

5. 「 ****.tar.gz 」 がアップロードされてることを確認

cms.tar.gz を解凍するコマンドを打ちます。

tar -zxvf cms.tar.gz 

6.解凍すると「environment」フォルダが出来ます。その中の「cms」が元々の作業フォルダです。

image.png

7.「cms」フォルダを一つ上の階層に上げるため、以下のように操作しましょう。

image.png

8.「cms」フォルダが以前と同じ位置に配置されました。ファイル・フォルダ一式戻りました。

image.png

ここまでが復元になります。

以下は私用の環境構築なので、スルーでOKです。

  • AWS環境: EC2、Amazon Linux ( Educate版 )
  • 開発環境: PHP/Laravel5.5

1.PHPのアップデート & Comopserのインストール(1つづつコマンドを打ちます)

#このコマンド1行は右に長いので、ドラッグでコピーしてください。
sudo yum -y install php72 php72-cli php72-common php72-devel php72-mysqlnd php72-pdo php72-xml php72-gd php72-intl php72-mbstring php72-mcrypt php72-opcache php72-pecl-apcu php72-pecl-imagick php72-pecl-memcached php72-pecl-redis php72-pecl-xdebug

sudo alternatives --set php /usr/bin/php-7.2

php -v

curl -sS https://getcomposer.org/installer | php

sudo mv composer.phar /usr/bin/composer

composer

2.DB設定と起動

sudo service mysqld start

mysql -u root -p

[Enter] #パスワードなし

show databases;

create database c9;

#Educate環境は他人には一切見れない環境のためパスワード:rootにしています。
update mysql.user set password=password('root') where user='root';

flush privileges;

exit;

3.Migrationファイルからテーブルを作成

cd cms

php artisan migrate

4.Apache起動

php artisan serve --port=8080

sudo composer update

以上

daisu_yamazaki
ジーズアカデミー主席講師, デジタルハリウッド大学院[Agileラボ:担当教員], Microsoft MVP [2013-2021], 著書:はじめてのLaravel6入門~AWS Cloud9で学ぶ~
https://gsacademy.jp/mentor/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした