Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
3
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

Organization

React ContextのdefaultValueのちょっとかしこい(かもしれない)使い方

はじめに

React Context APIはReact.useContextにより格段に使いやくなりました。ところで、React.createContextにはdefaultValueを指定します。ここに何を指定すればよいでしょうか?しばしば null を指定している例を見ます。

よくある例

import { createContext, useContext } from 'React';
const MyContext = createContext(null);
export const MyProvider = MyContext.Provider;
export const useMyValueFoo = () => {
  const value = useContext(MyContext);
  if (!value) {
    throw new Error('You probably forgot to put <MyProvider>.');
  }
  return value.foo;
};

contextの値にオブジェクトを期待する場合は、ちゃんとProviderで値が設定されているか、つまりdefaultValueのnullのままになっていないかチェックして開発者向けにエラーを表示するテクニックです。

提案

形が決まっているオブジェクト限定ですが、defaultValueにエラーを表示するオブジェクトを指定しておいてはどうでしょうか。上記の例が次のようなコードになります。

import { createContext, useContext } from 'React';
const warningObject = {
  get foo() {
    throw new Error('You probably forgot to put <MyProvider>.');
  },
};
const MyContext = createContext(warningObject);
export const MyProvider = MyContext.Provider;
export const useMyValueFoo = () => {
  const value = useContext(MyContext);
  return value.foo;
};

カスタムフックの実装からboilerplateが減ってスッキリしたと思いませんか。

おわりに

自分がライブラリを実装しているときに思いついた方法なのですが、まだあまり他では見たことはありません。ぜひ試してみてください。一つの難点は、この方法は型定義とは少し相性が良くないかもしれません。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
3
Help us understand the problem. What are the problem?