This post is Private. Only a writer or those who know its URL can access this post.

[OpenFOAM+ on Rescale w/Azure] STEP2: 並列設定(パラメータリストの定義)

More than 1 year has passed since last update.

2.1 パラメータスイープ用CSVファイルの準備

Kobito.m1a1Hq.png

  1. 並列設定 をクリックします
  2. CSVファイルの数値を使う を選択します
  3. ファイルをアップロード をクリックし、freestreamvalue.csvをクラウド上へアップロードします(ハンズオンでは、クラウドからファイルを選択をクリックし対象のファイルを指定してください)
  4. ファイルが正しくアップロードされていることを確認します

2.2 変数の確認

Kobito.f6nEdv.png

  1. 編集 のボタンをクリックし下記のように編集画面を開きます

Kobito.HmOBt9.png

  1. 内容を確認します。
  2. 閉じる をクリックします。

たとえば品質工学など取り入れたいときは、このCSVを直交表に応じたものにしてください。

参考) L9直交表を用いるときの例

L9直交表

列番号 1 2 3 4
実験1 1 1 1 1
実験2 1 2 2 2
実験3 1 3 3 3
実験4 2 1 2 3
実験5 2 2 3 1
実験6 2 3 1 2
実験7 3 1 3 2
実験8 3 2 1 3
実験9 3 3 2 1

L9は表のように3水準系ですので、1列目と2列目をつかって以下のように因子を割り当てるようにします。

  • 1列目(Xvelocity): 25.999249, 25.86076112, 25.33674884
  • 2列目(Yvelocity): -0.4538185794, 2.71807552, 5.849449375

最終的には以下のCSVデータが作成できます。これをCSVファイルに上書きで貼り付けます。

L9直行表によるパラメータ割当
Xvelocity,Yvelocity
25.999249,-0.4538185794
25.999249,2.71807552
25.999249,5.849449375
25.86076112,-0.4538185794
25.86076112,2.71807552
25.86076112,5.849449375
25.33674884,-0.4538185794
25.33674884,2.71807552
25.33674884,5.849449375

完了: 次のステップへ

一度トップ画面に戻って次へ進んでください。

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.