This post is Private. Only a writer or those who know its URL can access this post.

[OpenFOAM+ on Rescale w/Azure] STEP3: テンプレート

More than 1 year has passed since last update.

1. テンプレートのアップロード

1.1 テンプレート化した境界条件設定ファイル "utemplate" のアップロード

Kobito.h08PnA.png

  1. テンプレートをクリックします
  2. ファイルをアップロード をクリックし"utemplate" をアップロードします (ハンズオンでは クラウドからファイルを選択 をクリックし対象のファイルを指定します)
  3. ファイルが正しくアップロードされていることを確認します
  4. 以下の文字列(パス/ファイル名)を入力します

    ファイル名の入力
    airfoil2D_DOE/0/U
    

NOTE

  • 計算が実行されると airfoil2D_DOE.zip が計算ノード内に自動的に解凍され"airfoil2D_DOE" というディレクトリーがで上がります。
  • このテンプレートは、実際のパラメータが自動で代入されると同時に、このディレクトリー内 ./airfoil2D_DOE/0/U として保存されます。
  • 実際の業務を想定した場合、ユーザ自身がこのzipファイルを作るため、ディレクトリairfoil2D_DOEと境界条件設定ファイルであるUの相対パス関係を把握できているはずで、テンプレートがどういう名前でどこに保存されるかを意識する必要があります。

1.2 "utemplate" の内容とその記載方法

テンプレートの内容(下記に記載)を確認すると、${Xvelocity}${Yvelocity} が見て取れます。

  • シミュレーション時は、ここにCSVで定義した実際の数値に置き換えられ、設定したケース分のファイルが作成されます。。
  • XvelocityYvelocity の変数で先程アップロードしたCSVファイルの1行目とヒモ付されています。
  • 詳細はこちらを参考にしてください
U.inp_template
/*--------------------------------*- C++ -*----------------------------------*\
| =========                 |                                                 |
| \\      /  F ield         | OpenFOAM: The Open Source CFD Toolbox           |
|  \\    /   O peration     | Version:  2.0.1                                 |
|   \\  /    A nd           | Web:      www.OpenFOAM.com                      |
|    \\/     M anipulation  |                                                 |
\*---------------------------------------------------------------------------*/
FoamFile
{
    version     2.0;
    format      ascii;
    class       volVectorField;
    object      U;
}
// * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * //

dimensions      [0 1 -1 0 0 0 0];

internalField   uniform (${Xvelocity} ${Yvelocity} 0);

boundaryField
{
    inlet
    {
        type            freestream;
        freestreamValue uniform (${Xvelocity} ${Yvelocity} 0);
    }

    outlet
    {
        type            freestream;
        freestreamValue uniform (${Xvelocity} ${Yvelocity} 0);
    }

    wall
    {
        type            fixedValue;
        value           uniform (0 0 0);
    }

    frontAndBack
    {
        type            empty;
    }
}

// ************************************************************************* //

完了: 次のステップへ

一度トップ画面に戻って次へ進んでください。

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.