Edited at

[JAWS-UG CLI] IAM:#21 Kinesis 管理者グループの作成

More than 3 years have passed since last update.

AWS CLIを利用して、Kinesisへのフルアクセスが可能なIAMグループを作成してみます。


前提条件


IAMへの権限


  • IAMに対してフル権限があること。


AWS CLIのバージョン


  • 以下のバージョンで動作確認済


    • AWS CLI 1.7.24




コマンド

aws --version



結果(例)

    aws-cli/1.7.25 Python/2.7.6 Darwin/14.3.0



0. 準備


変数の確認

プロファイルが想定のものになっていることを確認します。


変数の確認

aws configure list



結果(例)

            Name                    Value             Type    Location

---- ----- ---- --------
profile iamFull-prjZ-mbp13 env AWS_DEFAULT_PROFILE
access_key ****************LOAQ shared-credentials-file
secret_key ****************I1O1 shared-credentials-file
region us-west-2 config-file ~/.aws/config


1. 事前作業


1.1. IAMグループ名の決定


コマンド

IAM_GROUP_NAME="KinesisFull"


同じ名前のIAMグループが存在しないことを確認します。


コマンド

aws iam get-group --group-name ${IAM_GROUP_NAME}



結果(例)

A client error (NoSuchEntity) occurred when calling the GetGroup operation: The group with name KinesisFull cannot be found.



1.2. IAMポリシーの決定

存在するユーザ管理ポリシーを確認します。


コマンド

aws iam list-policies \

--scope AWS \
--max-items 1000 \
--query 'Policies[].PolicyName'

利用するIAMポリシーを決めます。


コマンド

IAM_POLICY_NAME='AmazonKinesisFullAccess'



1.3. IAMポリシーの確認

ARNを取得します。


コマンド

IAM_POLICY_ARN=`aws iam list-policies --max-items 1000 |  jq -r --arg name ${IAM_POLICY_NAME} '.Policies[] | select( .PolicyName == $name ) | .Arn'` \

&& echo ${IAM_POLICY_ARN}


結果(例)

    arn:aws:iam::aws:policy/AmazonKinesisFullAccess


ポリシのバージョンを取得します。


コマンド

IAM_POLICY_VERSION=`aws iam list-policies --max-items 1000 |  jq -r --arg name ${IAM_POLICY_NAME} '.Policies[] | select( .PolicyName == $name ) | .DefaultVersionId'` \

&& echo ${IAM_POLICY_VERSION}


結果(例)

      v1


ポリシの内容を見てみましょう。


コマンド

aws iam get-policy-version \

--policy-arn ${IAM_POLICY_ARN} \
--version-id ${IAM_POLICY_VERSION}


結果(例)

{

"PolicyVersion": {
"CreateDate": "2015-02-06T18:40:29Z",
"VersionId": "v1",
"Document": {
"Version": "2012-10-17",
"Statement": [
{
"Action": "kinesis:*",
"Resource": "*",
"Effect": "Allow"
}
]
},
"IsDefaultVersion": true
}
}


2. グループの作成


2.1. IAMグループの作成

IAMグループを作成します。


変数の確認

cat << ETX

IAM_GROUP_NAME: ${IAM_GROUP_NAME}

ETX



コマンド

aws iam create-group --group-name ${IAM_GROUP_NAME}



結果(例)

{

"Group": {
"Path": "/",
"CreateDate": "2015-05-04T03:29:26.952Z",
"GroupId": "AGPAIXXXXXXXXXXXXXXXX",
"Arn": "arn:aws:iam::XXXXXXXXXXXX:group/KinesisFull",
"GroupName": "KinesisFull"
}
}


2.2. IAMグループの確認


コマンド

aws iam get-group --group-name ${IAM_GROUP_NAME}



結果(例)

{

"Group": {
"Path": "/",
"CreateDate": "2015-05-04T03:29:26Z",
"GroupId": "AGPAIXXXXXXXXXXXXXXXX",
"Arn": "arn:aws:iam::XXXXXXXXXXXX:group/KinesisFull",
"GroupName": "KinesisFull"
},
"Users": []
}


3. グループポリシーの適用


3.1. IAMグループポリシーの確認

IAMグループのグループポリシーを確認します。


コマンド

aws iam list-attached-group-policies \

--group-name ${IAM_GROUP_NAME}


結果(例)

{

"AttachedPolicies": [],
"IsTruncated": false
}


3.2. IAMグループポリシーの適用

マネージドポリシーをIAMグループに適用します。


変数の確認

cat << ETX

IAM_GROUP_NAME: ${IAM_GROUP_NAME}
IAM_GPOLICY_NAME:
${IAM_POLICY_ARN}

ETX



コマンド

aws iam attach-group-policy \

--group-name ${IAM_GROUP_NAME} \
--policy-arn ${IAM_POLICY_ARN}


結果(例)

      (戻り値なし)



4. IAMグループポリシーの確認

IAMグループのグループポリシーを確認します。


コマンド

aws iam list-attached-group-policies \

--group-name ${IAM_GROUP_NAME}


結果(例)

{

"AttachedPolicies": [
{
"PolicyName": "AmazonKinesisFullAccess",
"PolicyArn": "arn:aws:iam::aws:policy/AmazonKinesisFullAccess"
}
],
"IsTruncated": false
}


完了

グループを作成したら、ユーザを作成しましょう。