Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
7
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 3 years have passed since last update.

posted at

Angular Materialでファイル選択ボタン

小ネタです。
Angular Materialを使ったプロジェクトで、ファイル選択input <input type="file" /> を使うときにボタンをmat-buttonにする方法を紹介します。

スクリーンショット_2018-09-17_18_15_24.png

HTML

<input type="file" style="display: none" #fileInput accept="image/*" (change)="onChangeFileInput()" />
<button mat-raised-button color="primary" class="file-select-button" (click)="onClickFileInputButton()">
 <mat-icon>attach_file</mat-icon>
  ファイルを選択
</button>

<p class="file-name" *ngIf="!file; else fileName">ファイルが選択されていません</p>
<ng-template #fileName>
  <p class="file-name">{{ file?.name }}</p>
</ng-template>
  • 1行目: 通常のinputコントロールに対して #fileInput という形でテンプレートリファレンスを追加。 また、このコントロールはmat-buttonに置き換える予定なので、 display: none で非表示にする
  • 2-4行目: inputの代わりになるmat-button、 クリックした際に発火するイベントハンドラを設定
  • 7行目以降: 選択したファイル名の表示

TypeScript

import { Component, ViewChild } from '@angular/core';  // ViewChildをimport
// ... 中略 ...
export class FileInputComponent  {
  @ViewChild('fileInput')
  fileInput;

  file: File | null = null;

  onClickFileInputButton(): void {
    this.fileInput.nativeElement.click();
  }

  onChangeFileInput(): void {
    const files: { [key: string]: File } = this.fileInput.nativeElement.files;
    this.file = files[0];
  }
}
  • 1行目: テンプレートリファレンスを使って、コンポーネントのクラス側からinputにアクセスするために ViewChild をimportしておく
  • 4行目: テンプレートリファレンスを使ってinput要素を取得しておく
  • 9行目: mat-buttonが押さたイベントをinput要素に伝える処理
  • 13行目以降: inputのchangeイベントの発火を受けて、file変数にファイル内容を格納する処理

サンプル

stackblitzにサンプルを用意しました。
https://stackblitz.com/edit/angular-material-file-select

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
7
Help us understand the problem. What are the problem?