Edited at

yumでmongodbをインストールするときの注意

CentOS7.2でMongoDBを新規インストールしようとしたときにはまった問題


過ち

「とりあえずyumでインストールできるやろ:point_up:?」

$ yum -y install mongodb

EPELリポジトリからのインストールになるが、最新の3.4系に対して2.6.12がインストールされた。


落ちつく

EPELリポジトリからインストールしたmongodbをアンインストールします。

$ yum -y remove mongodb

この手順を忘れて、mongodb公式リポジトリからmongodb-orgをインストールしようとしたところ、コンフリクトエラーで怒られました:sweat_smile:


正しいインストール方法

公式のドキュメントに記載あり

https://docs.mongodb.com/manual/tutorial/install-mongodb-on-red-hat/


リポジトリの登録

$ sudo vi /etc/yum.repos.d/mongodb-org-3.4.repo


mongodb-org-3.4.repo

[mongodb-org-3.4]

name=MongoDB Repository
baseurl=https://repo.mongodb.org/yum/redhat/$releasever/mongodb-org/3.4/x86_64/
gpgcheck=1
enabled=1
gpgkey=https://www.mongodb.org/static/pgp/server-3.4.asc


改めてインストール

$ yum -y install mongodb-org

mongodb公式リポジトリからインストールを行うと、以下の4つのパッケージがインストールされます。


  • mongodb-org-server: mongod本体

  • mongodb-org-mongos: クラスタリングサーバー

  • mongodb-org-shell: mongoシェル

  • mongodb-org-tools: インポート、エクスポート、ダンプなどのツール