LoginSignup
1
0

More than 1 year has passed since last update.

Turbonomic のOpenShiftへのインストール Operator版

Last updated at Posted at 2021-06-19

1. はじめに

Turbonomicは、アプリケーション・リソース管理(ARM)ツールです。
エージェントレスで、APIを介して、アプリケーション、インフラストラクチャを検出し、監視を行います。

現時点の知識で、いいね!って感じてる機能は3点です。

  1. インフラからアプリまでの依存関係を視覚化
     ドリルダウンすると各構成(アプリ、VM、ストレージなど)の性能情報の詳細を確認できる

  2. リソースの最適化(自動実行もできる)
    AIを使ったCPU、メモリの増減の提案、リソースの空いている他のクラスターへの移動など、手動実行から自動実行対応

  3. What-If分析を用いたコストレポートを使ったコストの最適化
     現在のリソースの使用量と クラウドの料金テーブルと支払い状況(APIで取得)から算出されたコストレポートが、ダッシュボードで表示されます。
     例えば、ついついプロジェクトの初めでは、オーバースペックでインスタンスを発注しがちですが、Turbonomicが継続的に、メトリック・料金を監視してWhat-if分析の結果をダッシュボードで表示されるので、どれだけコスト削減できるのか、常に確認できるので便利ですね。

2021年6月時点では、日本語の情報が皆無な感じなので、勉強した内容について、まずは、Turbonomicを OpenShiftクラスターに Operatorを使ってインストールを行う手順について書きたいと思います。

2. 前提条件

必要なもの

  • Red Hat OpenShiftクラスター
  • Tubonomic Platformのライセンス Turbnomic Platformは Ret Hat Maket Placeからの導入

3. TurbonomicのOpenShiftクラスターへのインストール手順

1. turbonomicプロジェクトを作成します。

   $ oc new-project turbonomic

2. turbonomicプロジェクトに対して次のコマンドを実行して、 Turbonomic Platform Operatorに必要なロールと権限を割り当てます。

 $ oc project turbonomic

 $ oc create -f https://raw.githubusercontent.com/turbonomic/t8c-install/master/operator/deploy/cluster_role.yaml   
 clusterrole.rbac.authorization.k8s.io/t8c-operator created

 $ oc create -f https://raw.githubusercontent.com/turbonomic/t8c-install/master/operator/deploy/cluster_role_binding.yaml   
 clusterrolebinding.rbac.authorization.k8s.io/t8c-operator created

 $ oc adm policy add-scc-to-group anyuid system:serviceaccounts:turbonomic   
 securitycontextconstraints.security.openshift.io/anyuid added to groups: ["system:serviceaccounts:turbonomic"]

3. OpenShiftの Operator Hubで Turbonomic Platform Operatorをインストールします。

フィルター(" turbonomic")を使って絞り込んで、Turbonomic Platform Operatorを探してクリックします。
image.png

4. Turbonomic Platform Opertorの "install" ボタンを押します。
image.png

5. "A specific namespace on the cluster" を 選択して "Installed Namespace"に turbonomic プロジェクトを選択して Installボタンをクリックします。
  これでturbonomicプロジェクトのみにOperatorが導入されるようになります。
image.png

6.インストールされた Turbonomic Platform Operatorは OpenShiftのメニューInstalledOperatorsに表示されます。
"InstalledOperators"、"Turbonomic Platform Operator" の順番にクリックします。
image.png

7."Create XL"をクリックし、"XL"のリソースのインスタンスを作成します。
image.png

8.次のオプションを有効にします。

  • Kubeturbo(ローカルクラスタ管理用)
  • Instana : Instanaをデータソースに設定
  • OpenShiftIngress : Turbonomicダッシュボードにアクセスする為の OpenShiftのRoute作成

そして、オプションのリストの最下部までスクロールし、"Create"ボタンをクリックします。
image.png

9.Turbonomicダッシュボードに接続します。 OpenShiftのメニューの " Networking>Route"セクションで、"api-turbonomic"で始まるリンクをクリックしてダッシュボードを開きます。
image.png

10.管理者のユーザー名とパスワードを設定すると、"Hello and welcome!"の画面が表示され、" LETS' GO"をクリックします。
image.png

11."IMPORT LICENSE"ボタンをクリックしTurbonomicのライセンスを登録します。

image.png

12.赤枠の"Turbonomic-key"と書かれている箇所にライセンスキーファイルをドラッグ&ペーストをし、"SAVE"ボタンをクリックして登録します。
image.png

13."License added!" と表示されライセンス登録が終了しました。 
image.png

4. 最後に

これで、Turbotonic自体は単体で使えるようになりました。
次にTurbonomicをInstanaに接続して TurbonomicがInstanaからメトリックを収集できるようにします。
この投稿では、長くなったので、続きは
Turbonomic のOpenShiftへのインストール (Instana連携編)の投稿で書いていきたいと思います。

1
0
0

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
1
0