Posted at

reveal.jsで作った資料を github pagesにホストさせる手順

More than 5 years have passed since last update.

Potatotips #5reveal.jsを使って発表したんだけど、その資料を公開するのにちょっと苦労したんで、今後のためにまとめてみる。

最近の Web系開発とかにあまりくわしくない組み込みおじさんが試行錯誤した結果なので、もっと楽な方法あった教えてください。


作品例

強制アップデートさせた

Github repoもご笑覧ください。


こんなフローで行けるんでは


localな webserverを建てる

markdown対応のために必要。HTMLで直書きするならいらないのかしらん。

自分は nginx を brewで入れました。お好きなモノをどうぞ。


Reveal.js を forkして適当な名前かえる。

github.com上でぽちっと。


localに cloneしてくる。

ちなみに、これは webserverで公開してる場所にするのが、編集しながら見るのに便利。

自分の場合は /usr/local/var/www の下。


README.mdとか変える

まあ、気分の問題だけど。


gh-pages branchを消す

これは remoteもろとも消します。

*potatotips5<master> git branch -rd origin/gh-pages

Deleted remote branch origin/gh-pages (was 6255a81).
*potatotips5<master> git push origin --delete gh-pages
To git@github.com:dagezi/potatotips5.git
- [deleted] gh-pages


gh-pages branchを作る

*potatotips5<master> git checkout -b gh-pages

Switched to a new branch 'gh-pages'


ごちゃごちゃ見ながら編集する。

http://localhost:8080/potatotips5/ とかを見ながら編集して commitしていきましょう。


push

git push origin gh-pages


全世界から見えるの確認

http://dagezi.github.io/potatotips5/ みたいに見えるはず。


Fork me on github ribbon

つけてみたけど発表中には邪魔そう。よしたほうがいいかも。