Help us understand the problem. What is going on with this article?

Microsoft Learn 9日目

12月は、毎日 Microsoft Learn を受講していこうという記録。
※受講後に書き込むので公開に間に合わないこと多々あります(アドベントカレンダーの意味w)

12/9 は
Core Cloud Services - Azure アーキテクチャとサービスの保証
- Azure のサービスレベルアグリーメントについて
- サービス全体の SLA を作成する

を受講。以下、簡易メモ。

Core Cloud Services - Azure アーキテクチャとサービスの保証

Azure のサービスレベルアグリーメントについて

Microsoft では、包括的な運用ポリシー、標準、プラクティスに従うことで、ユーザーに高品質の製品とサービスを提供するというコミットメントを維持してくれている。
"サービスレベルアグリーメント"(SLA)という正式なドキュメントで、Azure に適用されるパフォーマンス基準を定義する特定の条件をキャプチャしているぽい。

Azure 製品およびサービスの SLA

Azure 製品およびサービス用の SLA には 3 つの主な特性がある。

1. パフォーマンスの目標

Azure の製品またはサービス用のパフォーマンスの目標を定義している。
パフォーマンスの目標は各製品別になっている。

2. アップタイムと接続性の保証

対応する Azure の製品またはサービスごとに、99.9%~99.999%の範囲のパフォーマンスの目標のコミットメントを指定している。
これによって、アップタイムや応答時間を加味してサービスに適用することも可能。

3. サービス クレジット

Azure の製品またはサービスが規定の SLA の仕様に沿ったパフォーマンスを実現できない場合の Microsoft の対応方法についても説明している。(手厚い!)

サービス全体の SLA を作成する

異なるサービス間で SLA を統合する場合、結果として得られる SLA は "複合 SLA" と呼ばれる。

ダウンタイムの計算

SLA が以下のようになっていると
7-sla-compositesla1.png
この複合 SLA は
99.95 % × 99.99 % = 99.94 %
になる。
イコール、障害発生の組み合わせ確率は個々の SLA 値よりも高くなる。
これを改善するには、独立したフォールバックパスを作成する方法が有効。
上記の例だと、SQL Database が使えない場合はトランザクションを Queue に格納...など。
7-sla-compositesla2.png
SQL Database と Queue が同時に障害発生する確率は 0.0001 % × 0.0001 % なので、この組み合わせの複合 SLA は、
1.0 − (0.0001 × 0.001) = 99.99999 %
Queue をこのサービスに追加することによって、合計の複合 SLA は
99.95 % × 99.99999 % = ~99.95 %
になる。

d01tsumath
蛎殻町のエンジニャー。
http://d01tsumath.hatenablog.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away