Objective-C

DropboxAPIの利用(準備編)

Dropboxの提供するAPIを触る機会がありましたので、使用感などメモしておきます。
このAPIでは、Dropboxと連携し、ログイン、アップロード、ダウンロードなどが簡単にできるみたいです。

公式リファレンス
https://github.com/dropbox/dropbox-sdk-obj-c#xcode-8-and-ios-10-bug

準備

アプリの登録

まず、下記のサイトでAPIを利用する上で必要な開発登録を行います。

Dropbox App Console
https://www.dropbox.com/developers/apps

インストール

Dropboxが提供するSDKのインストールを行います。
今回はcocoapodsにて行いました。

pod 'ObjectiveDropboxOfficial'

info.plistの編集

以下ように項目を追加設定します。

<key>LSApplicationQueriesSchemes</key>
    <array>
        <string>dbapi-8-emm</string>
        <string>dbapi-2</string>
    </array>
<key>CFBundleURLTypes</key>
    <array>
        <dict>
            <key>CFBundleURLSchemes</key>
            <array>
                <string>db-<開発登録後にもらえるapp key></string>
            </array>
            <key>CFBundleURLName</key>
            <string></string>
        </dict>
    </array>

以下のような設定になります。
InfoPlistExample.png
※公式リファレンスより引用

まとめ

ここまでが、実際の利用前の準備になります。
具体的な利用方法に関しては、また別の記事にて書きたいと思います。