Edited at

sierraで ショートカットなど karabiner に頼ってて死んでしまった人へ

More than 1 year has passed since last update.


Sierraの弊害

キーバインド(ショートカットキーなど)を設定していた人たち、特にKarabinerで色々やってた人は死んだ。死んだのだ。

主に僕。


死んで困ったキー

USキーボードの私。

右オプション(Option_R)をファンクションキー(Fn)にしていた。

=> Fn+DELETEで、ForwardDeleteしたかった


Karabinerの代替を探す

Karabinerは、Sierraに対応していない(2016/11/15時点)。

Qiitaなどでも色々あったがいくつか方法があるそうです。


  1. OSの標準設定でなんとかなる

  2. Keyhac(というアプリ)を使う

  3. Karabiner-Elementsを使う(僕はこれになった)


OSの標準設定でなんとか

参考:

Karabinerもkeyhacも捨てました。macOS Sierraのキーボード設定について。 | しま★りん.blog @ayurina

こちらのブログにはOS標準設定で出来ることがあるじゃん!ということで。


・caps lockと左controlの入れ替え:修飾キーの設定を変える

・Ctrl-Oで日本語入力切り替え:キーボードショートカットの設定「前の入力ソースに切り替える」のバインドを変える


これぐらいであれば、OS標準設定で。


Keyhac(というアプリ)を使う

なんか僕はインストールが出来なかった。クソゲー。


Karabiner-Elementsを使う(僕はこれになった)

Optionキー自体を別のキーに変更というのはOS標準の設定でいけるんですが、"右の"みたいに限定してキー操作を変更させようとすると何かしらアプリが必要。

Karabinerが標準対応していないのは先に書いたとおり。

ただ公式に「Karabiner-Elements」という非常に単純な機能だけをつけたライト版がgitで出ている。

ということでこれをインストしました。

スクリーンショット 2016-11-15 13.02.36.png

設定はシンプルにこんなもんです。

これをインストしたら、OS側で殺していたCaps_lockが蘇りやがったので再度心臓に杭ぶちこんでおきました。