Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

よく使う日付フォーマット Ruby on Rails

More than 3 years have passed since last update.

日付フォーマット

参考:http://railsdoc.com/references/strftime

  1. strftimeで成形する
Date.current.strftime('%Y/%m/%d')

みたいな感じで使う。
ただこれは、瞬間的に使うのはいいけど同じフォーマットパターンを何箇所も使うときに、strftimeで書くのは長ったらしくなるしナンセンスかなぁ。

  1. localesのymlで成形する
config/locales/ja.yml
ja:
  date:
    formats:
      default: ! '%Y/%m/%d'
      long: ! '%Y年%m月%d日(%a)'
      short: ! '%m/%d'

てな感じで、locals/ja.ymlとかにフォーマットパターンを書こうということです。

%p= l(hoge.created_at, format: :long)

こんな感じがviewですかね。
l(エル)で括る必要なことだけ注意(よく忘れるのは、俺だなぁ)

おすすめフォーマット

10の位のところに0を埋めるパターン。

long: ! '%Y/%m/%d'
 => 2016/08/04
short: ! '%m/%d'
 => 08/04

10の位のところが0なら割愛してくれるパターン。

long: ! '%Y年%-m月%-d日(%a)'
 => 2016年8月4日(水)
middle: ! '%-m月%-d日(%a)'
 => 8月4日(水)
short2: ! '%-m/%-d'
 => 8/4

日本語&viewで使う場合のほとんどは、「10の位のところが0なら割愛してくれるパターン」の方だと思うのでメモっといた。

favy
デジタルマーケティングのスペシャリストと飲食業界出身の食のスペシャリストでチームは構成されていて、飲食市場に特化したマーケティング支援を軸に「飲食店がかんたんに潰れない世界を創る」を真剣に実現するためにチャレンジしています。
http://www.favy.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away