Edited at

iOSアプリの各種広告トラッキング方法まとめ

More than 3 years have passed since last update.


概要

iOSアプリのダウンロード数(というか初回起動数)と、広告との費用対効果を図りたいと思う。

色々調べると、オフィシャルのDOC(FacebookやTwitterのDOCなど)を見るのが一番で、とりあえずのやり方が書いてはある。

しかし誰もまとめていないので、結構やり方がバラつく。

バラバラとしてるのでまとめる。


何の広告トラッキングをするのか。


  • Twitter

  • Facebook

  • Adwords

  • Instagram

の4メディアぐらいがメイン所かと思います(※ラストのinstagramはFacebookなので計測方法はスルーで)。


計測方法


Twitter計測方法

ドキュメントはこのあたり

アプリインストールまたはアプリエンゲージメントキャンペーンを作る

流れ全般(最初かいつまもうと思ったんだけど無理w)



  1. Twitter Ads へ行く(Twitter広告を活用するとかを押してとりあえずサインイン)

  2. 広告キャンペーンを作成 の画面の右、「アプリを管理」を押す

  3. アプリをLink Makerなどからリンクでもいいし、IDでもいいので登録


  4. 宣伝したいアプリが出たら「選択」を押して「選択済み」にする ←重要。UI悪い。気づかない。

  5. 選択したアプリのすぐ下の枠に「コンバージョントラッキングを設定する」のリンクを押してタグ設定をしに行く

  6. answersが無料なので、それを選択

  7. fabricのアカウントを求められるのでSignIn or SignUpする

  8. その後のダウンロードとかそういうの全部無視。次の9へ。

  9. 以降の手順は Answers for iOS - Fabric Summary を見て進める

  10. んで、あとは広告出稿してテスト。

尚、Twitterのappを作っとく必要があったりするかもしれません。

その際は、twitterアプリの作成方法という別の作業が必要です。

※ドキュメントのAndroid版は以下です。

Answers for Android - Fabric Summary


Facebook計測方法

ドキュメントはこのあたり

アプリ広告 Facebook

SDKの設定 - アプリ広告 - ドキュメンテーション - 開発者向けFacebook

上記ドキュメントにかかれている通りの手順でやっていくんですが、かいつまむと、


  1. 広告の設定をしてリンクする

  2. Facebook SDKをアプリに追加する

    ここは上記ドキュメントは無視。cocoapodsでごっそりインストールするのがいい

  3. インストールのトラッキングを有効にする」にかかれているコードを書く

んで、あとは広告出稿してテスト。

※Podfile(一部抜粋)

target 'hogehoge' do

pod 'FBSDKCoreKit'
pod 'FBSDKLoginKit'
pod 'FBSDKShareKit'
end


Adwords計測方法

Firebaseを使おう。基本的にFirebaseにはGoogleTagManagerが使えるので、タグマネ使いは比較的とっつきやすい。

またGoogle to Googleだから何の不安もなくいける。

ドキュメントはこのあたり

Google Tag Manager Google Tag Manager for iOS


  1. ドキュメントに書いてある通り、Getting Startedの通りで。

  2. PodでGoogleTagManagerをインストール

  3. FIRApp.configure()などをAppDelegateに記載

  4. AdwordsとFirebaseをリンクさせる(※下記参照)

Google AdwordsとFirebaseのリンクに関してですが、

Google Adwords - Firebase

Firebase を使用してモバイルアプリのコンバージョンをトラッキングする - AdWords ヘルプ

のどっちかを見てやってください。

 

で、もっと詳しい人是非コメントくだちぃ。

基本的に全部Firebaseとかで一括管理でやりたいんだけどなぁ。。。