Help us understand the problem. What is going on with this article?

JMeter チートシート

JMeter とは

自動でブラウザ操作をするツール
主にラッシュテストに使う
ちょっとした操作ならpostman の方が優秀だが、
postman は複数スレッドを起動できないため、JMeterを使わざるおえない 

前提

JMeterのインストール先:c:\apache-jmeter-5.2.1

JMeter の起動(画面)

jmeter_view.bat
set JMETER_LANGUAGE=-Duser.language="ja" -Duser.region="JP"
c:\apache-jmeter-5.2.1\bin\jmeter.bat -H "プロキシホスト" -P "プロキシポート" -u "プロキシユーザー" -a "プロキシパスワード" -t honya_rush_test.jmx

1行目:日本語化
2行目:jmeterをviewモードで起動
 起動オプション
 -t:ブラウザ操作の設定を保存するファイル名。初回はファイルがないのでエラーになる

JMeter の設定(画面)

jmeter_view.png

外部から設定した方が便利な設定は、変数にする
書式:${__P(変数名)}

ここでは、スレッド数、Ramp-Up期間、ループ回数を変数にした。

JMeter の起動

起動するごとに日時フォルダを作成し、結果をまるっと保存する設定

jmeter_run.bat
set time_tmp=%time: =0%
set now=%date:/=%%time_tmp:~0,2%%time_tmp:~3,2%%time_tmp:~6,2%

set JMETER_LANGUAGE=-Duser.language="ja" -Duser.region="JP"
c:\apache-jmeter-5.2.1\bin\jmeter.bat -H "プロキシホスト" -P "プロキシポート" -u "プロキシユーザー" -a "プロキシパスワード" -n -t honya_rush_test.jmx -Jthread_count=100 -Jloop_count=100 -Jramp_up=100 -j %now%/jmeter.log -l %now%/jmeter.jtl -e -o %now%/report

1行目、2行目:日時フォルダ名の設定
4行目:日本語化
5行目:jmeterをバッチモードで起動
 起動オプション
 -t:viewモードで作成したファイル名
 -n:jmeterをバッチモードで起動
 -J変数名=値:viewモードで設定した外部設定にした変数に値を入れる
 -j:ログファイル名
 -l:テスト結果出力先ファイル名
 -e:レポートを出力する
 -o:テスト結果出力先フォルダ名

あとがき

-a がパスワード って、passwordの a かな?
-l がテスト結果ということは、もしかして leport??
-j がログファイル名?
genkai-3.gif

覚えられないオプションよりチートシート

おまけ

JMeterのインストール

java8 以上が必要

Apache JMeter 5.2.1 公式

 apache-jmeter-5.2.1.zip zipの直リン(2020/2/10現在)

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした