Help us understand the problem. What is going on with this article?

Unityインストール手順(2018年3月版)

More than 1 year has passed since last update.

Unity Hubを使用したインストール手順を記載します。

Unity Hubは異なるバージョンのUnityをインストール/アンインストール・管理したり、Componentの追加やプロジェクトを開く際のバージョン切り替えが容易に行えるツールです。

※記事投稿時はBeta版なので、不安な人はUnity Hubを使用せず通常の方法でUnityをインストールして下さい。

1. Unity Hubのダウンロードとインストール

ダウンロード
Unity Blogの以下記事にダウンロードリンクが貼ってあるので、「Windows」か「MacOS」を選択してインストーラをダウンロードします。

インストール
インストーラを実行し、手順に従ってインストールして下さい。

2. Unityのインストール

Unity Hubの起動
インストールしたUnity Hubを起動すると以下の様な画面が表示されます。
UnityHub1
Unityのインストール
[Installs] - [Official Releases] から Unity 2017.3.1f1(現時点での最新version) の「Download」ボタン →「Done」ボタンをクリックしてUnityをインストールします。
(チェックはそのままで大丈夫です)
UnityHub
インストールが完了すると、[Installs] に表示されます。
(他のバージョンをインストールしている場合は一覧で表示されます)
UnityHub3

3. Unityの起動

プロジェクトの作成
[新規] を選択してプロジェクトを作成します。
UnityHub4
以下画面が表示されるので、
UnityHub5

  • Project Name:プロジェクト名
  • Location:プロジェクトの保存パス
  • Unity Version:起動するUnityのバージョン
  • Template:3D or 2D
  • Enable Unity Analytics:Unity Analyticsを使うかどうか(取り敢えずOFFでOK)

を設定して「Create project」ボタンをクリックします。

プロジェクトの生成が完了し、以下の様なウィンドウ(Unity Editor)が起動すれば準備完了です。
UnityEditor

4. プロジェクトを開く

Unity Hubの [プロジェクト] に作成したプロジェクトの一覧が表示されるので、開きたいプロジェクト名をクリックします。
UnityHub6.png

おわり

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away