Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

人生いろいろ、ジャイロもいろいろ

More than 3 years have passed since last update.

ぬるぽだって色々 (ログに)咲き乱れるの
という訳でAdvent Calendarもなんだかんだで3回目、専門学校界の旅キチ(自称)です。

今回はUnityを利用してスマホアプリを制作する際に役に立つ、ジャイロセンサーについてお話ししたいと思います。

そもそもジャイロセンサーとはなんぞや

ジャイロセンサーとは、一言で言うとスマホの傾き等の状態を検知するためのセンサーです。
これを利用することにより、スマホを傾けたり、降ったり、といった情報を取得することができます。

ジャイロいろいろ

ジャイロとひとくちに言っても、一般的には3つの項目に分かれます。

  • 現在どのような傾きになっているか
  • XYZ軸でどれほどの力で回転しているか
  • XYZ方向にどれほどの力が加わっているか

一つずつ説明していきましょう。

現在どのような傾きになっているか

Input.gyro.attitudeによって、Quaternion型で取得できます。

例えば、スマホを傾けた方向にボールを転がしたい、等といった場面で使用できます。

XYZ軸でどれほどの力で回転しているか

Input.gyro.rotationRateUnbiasedによって、Vector3型で取得できます。

例えば、スマホを現在の傾きより手前に傾けることで何か動作をしたい、という場面等で役立ちます。
最近のiPhoneに搭載されている、スリープ状態から手前に倒すと画面が点灯する、というのを想像してもらえると分かりやすいかと。

XYZ方向にどれほどの力が加わっているか

Input.accelerationによって、Vector3型で取得できます。

例えば、スマホを振ることによって何か動作させたい、といった場面で役立つでしょう。

実機確認の壁

さて、ここまで紹介したジャイロセンサーですが、利用にあたって一つ問題があります。
それは、そもそも実機で確認するにはスマホからUnityに情報を渡せるようにしないといけない、という点です。

Androidであれば誰でも自作したアプリを手持ちのデバイスにインストールできるのですが、iPhoneだとそうはいきません。(有料のデベロッパ登録が必要)
そもそもAndroidにしたってちょっとジャイロセンサーを確認するためにいちいちインストールするのはかなりの手間となるでしょう。
そこでUnityにはとても便利なツールが用意されています。

それがこちら、アプリのダウンロードも以下にリンクがあります。
Unity Remote(公式マニュアル)

こちらのUnity Remoteのアプリをスマホにインストールすることで、実機ビルドすることなくジャイロセンサー情報をはじめとした様々な情報をUnityに送ることができるようになります。

こちらとても便利なのですが、動作としてはUnityエディタで実行している映像をスマホに転送する形になるので、実フレームレートはかなり低下するのでご注意を。(音楽ゲームなどリアルタイム性が要求されるものはきついかも?)

ジャイロセンサーもいろいろ、人生も台風で沖縄から帰れなくなったりいろいろ。
ぬるぽにはくれぐれもお気をつけて、快適な開発ライフを。

crazy_traveler
C,C++,C#,Java,HTML,CSS,JS,ejs,solidity辺りちょっとできます。 現在某所でブロックチェーンの研究業務中。 日本の鉄道全部乗るぐらいには旅行好きです。 位置情報ゲーム作成のお誘いなどお待ちしております。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away