Edited at

PHP 連想配列、多次元の連想配列の基礎

More than 1 year has passed since last update.


はじめに

PHPの初心者向けに連想配列、多次元の連想配列(以下多次元配列)の使い方、覚えておくと便利な機能をまとめました。


連想配列の作り方

①キーを指定して、「=>」を使い値を設定します。

キーには整数と文字列どちらも使うことが出来ます。


$array = [
"test" => "1",
1 => "2",
];

②多次元配列を作る場合、①の配列の中にさらに配列を入れることで作成できます。


$array = [
"test" => "1",
1 => "2",
"array2" => [
"test3" => "3",
],
];


連想配列に要素、多次元配列を追加

①「+=」を使うことで、連想配列に新しい「キーと値」を追加できます。

 多次元配列も同様に追加することが出来ます。


$array += array("test4" => "4");

//多次元配列にも追加できます。
$array["array2"] += array("test5" => "5");

②連想配列に新しい「多次元配列」を追加します。


$array['array3']['test6'] = "6";

//多次元配列にも追加できます。
$array["array2"]['array4']['test7'] ='7'


配列の中身の確認

①配列の中身は「var_dump」を使うことで詳細に確認することが出来ます。


var_dump($array);


//出力結果
array(3) {
["test"]=>
string(1) "1"
["array2"]=>
array(2) {
["test3"]=>
string(1) "3"
["arrat4"]=>
array(1) {
["test5"]=>
string(1) "5"
}
}
["array3"]=>
array(1) {
["test4"]=>
string(1) "4"
}
}


配列のチェック

①配列がnullかどうかは、「isset」を使うことでチェックできます。


if (isset($array)) {
//配列が存在する場合
} else {
//配列が存在しない場合
}

②配列の中身が空かどうがは、「empty」を使うことでチェックできます。


if (empty($array)) {
//配列の中身が空の場合
} else {
//配列の中身が空では無い場合
}

③配列かそうでないかを、「is_array」を使うことでチェックできます。


if (is_array($array)) {
//配列の場合
} else {
//配列では無い場合
}


まとめ

連想配列は覚えることが多いですが、複雑な事をやっているわけではありませんので、気楽な感じで覚えてしまいましょう。